ソフトバンク光のプロバイダはどこ? 他社と比較すると?

インターネットサービスの加入を決める上で重要となるのは「プロバイダ」選びです。あまり詳しくない方にとっては、回線名とプロバイダ名を混同しがちでしょうが、本来この2つは別物でもあります。

プロバイダが異なれば月額料金などが異なることもしばしばあるので、プロバイダ選びというのは非常に重要なのです。

そこで、今回はソフトバンク光のプロバイダを紹介します。

ソフトバンク光のプロバイダは?

そもそもプロバイダという言葉が何を指しているのかを解説していきます。

インターネットサービスには「回線事業者」と「プロバイダ」の2つがあります。回線事業者は、インターネット回線を運営している事業者で、主に回線を提供することが事業の柱となります。

一方のプロバイダですが、回線事業者から提供されている回線をユーザーがインターネットに接続するためのサービスを提供している業者ということになります。

つまり、インターネットサービスを契約するためには、回線事業者とプロバイダの双方と契約を結ぶ必要がある、ということになります。

WiMAXで考えるとわかりやすいですが、WiMAXの場合、回線事業者はWiMAX回線を提供している事業者ですが、この回線と接続するためのサービスを提供しているプロバイダはさまざまです。例えば「Broad WiMAX」や「UQ WiMAX」などがありますが、これは回線事業者は同一で、プロバイダが異なるということになります。

それでは、これらの内容を踏まえた上でソフトバンク光について解説していきます。

ソフトバンク光では、回線事業者とプロバイダが同一の事業者となっています。それぞれ「ソフトバンクBB」という事業者が運営しており、そのほかのプロバイダなどはありません。

WiMAXとは異なり、回線事業者が1つでプロバイダが複数関わっているという形ではなく、回線事業者とプロバイダが同一事業者となっているという特徴があります。

プロバイダが1つであることのメリット

先ほどの解説に、インターネットサービスの契約には回線事業者とプロバイダの双方と契約をする必要があると書きました。

ソフトバンク光の場合、回線事業者とプロバイダが同一となっているので、1つの事業者と契約するだけでインターネットサービスが利用できてしまいます。

また、回線料金とプロバイダ料金が1つにまとめられているという特徴もあります。

その結果、月額料金も1つにまとめられており、わかりやすくおトクになっています。

集合住宅

戸建住宅

月額料金

3,800円

5,200円

ソフトバンク光のプロバイダのメリットは? 他社と比較

ソフトバンク光の回線事業者とプロバイダが同一の「ソフトバンクBB」であることのメリットをまとめていきましょう。その上で他社との比較を行なっていきます。

まず、メリットとしてあげられるのは、ソフトバンクはスマホ事業を中心に行なっているため、ソフトバンク光とソフトバンクスマホをセットで利用すると毎月のスマホ代が割引されるサービスを実施しています。

それが「おうち割 光セット」と呼ばれる割引で、ソフトバンク光とソフトバンクスマホのセットでスマホ代が毎月1,000円割引されます。さらに、ソフトバンク光に加入していると、他社のスマホからソフトバンクに乗り換える際の解約金の還元を受けることもできます。

プロバイダ企業が展開している事業によって、それぞれにメリットが受けられるという特徴を持っています。また、ソフトバンクはYahooをグループ会社に保有していることもあり、Yahoo関連サービスもおトクに利用できます。ソフトバンク光に加入することで、Yahoo!BB基本サービスを「プレミアム」プランで使い放題になりますし、便利なオプションサービスを初月無料で利用できたりもします。

プロバイダのメリットには、プロバイダ企業が他にどのような事業を行なっているかや、どのような企業と関連があるかによって決められることがあります。

こういった点を他社と比較しながら評価していきましょう。

例えば、NURO光の場合、プロバイダは「So-net」のみとなります。回線事業者はフレッツ光となっており、こちらもソフトバンク光と同様にプロバイダは1つとなっています。

スマホやネットサービスなどの関連企業はないため、そういったメリットはありませんが、NURO光の場合、キャッシュバックキャンペーンなどが充実しているという特徴もあります。

そして、auひかりの場合、プロバイダは複数あります。さまざまなプロバイダから自分に合うものを選ぶことができる上に、プロバイダごとに展開されているキャンペーンが異なるので、選びがいがありますが、選ぶのはそれなりに大変です。そういった意味では、ソフトバンク光の方がわかりやすいと評価できます。

まとめ

ソフトバンク光は「ソフトバンクBB」という1つのプロバイダしか選べませんが、それによって携帯やネットサービスなどのメリットが受けられておトクということになります。携帯やスマホをソフトバンク回線を利用している、また、ヤフオクなどのYahooのサービスを積極的に使っている場合、ソフトバンク光を導入することでかなりの恩恵を受けられる、ということになります。