人気のeo光電話って……どうなの? 料金や申し込み方法などを徹底解説!

関西圏で大人気の光回線サービスといえば、なんといってもeo。そんなeo光ですが、「eo光電話」というサービスも提供しています。

ただ、eo光についてはわかっていても、eo光電話のサービス内容や評判、料金などについて詳しい人は少ないと思います。そこで、本記事ではeo光電話について詳しく解説します。

eo光電話はどんなサービス?

eo光電話とは、NTTの電話回線ではなく、光回線を利用した電話サービスです。いわゆる「ひかり電話」の一種です。NTTの回線と同程度の音質、安定感で通話することができます。

eo光電話の利用料金

eo光電話の利用料金は、月額利用料金1,325となっています。ただし、インターネット回線をeo光にしている場合は、月額利用料金が286まで安くなります。基本的にインターネット回線をeo光にしたうえで、電話回線もeo光電話に変える、としたほうがおトクです。

ちなみに、光テレビと同時に申し込んでいる場合は月額利用料金1,025で利用することができます。

通話料金は相手先によって変わります。以下がその一覧です。

  • eo光電話同士の通話:無料
  • 携帯電話への発信:1分あたり18
  • 近畿二府四県+福井県への発信:3分あたり7.4
  • それ以外の地域への発信:3分あたり8

もっとも目を惹くのが、eo光電話を使っている人同士の通話料金が無料であるというところ。離れて暮らす家族や、恋人、親戚の電話回線をeo光で統一しておけば、月々の通話料金をかなり安くすることができます。

また、近畿二府四県+福井県への通話料金が安いというところも魅力的。NTTの場合だと、同じ県内への発信でも130秒あたり20円もかかりますので、いかにeo光の通話料金が安いかがよくわかります。

eo光電話の注意点

NTTよりも料金が安くて、通話品質、安定性も負けていないeo光電話。ですが、eo光電話を使う上で、いくつかの注意点があります。

まず、eo光電話は「すでに持っている電話番号をeo光電話のもの」として使用する場合、手数料が掛かるという点です。

NTTの回線を止めるための「休止工事費」が2,000円。そして、電話番号をeo光電話に適合させるための「電話番号割り当て手数料」が2,000円。合計で4,000の手数料が必要になります。

また、発信者番号の表示、迷惑電話拒否などが有料オプションの扱いになっている点にも注意が必要です。たとえば、発信者番号の表示、迷惑電話拒否は月額200の追加料金を支払わないと利用できません。転送通話、通話明細送付なども有料オプションとなっています。

通話明細送付などのサービスが必要となる場合は決して多くないかもしれません。しかし、発信者番号の表示、迷惑電話拒否などの機能をつけておきたい人は多いと思います。その場合、有料オプションの採用により、月額料金が多少かさむことを念頭に入れておかないといけません。

また、多機能ルーターが故障してしまうと、通話できなくなるという点も気を付けておくべき点です。通信障害などが起こると、一時的に電話が使えなくなる可能性があります。

申し込みから使用までの流れ

eo光電話に申し込んで、実際に使えるようになるまでの流れを解説します。

まず、申し込みですが、これにはふたつの方法があります。

  • eo光公式サイトから申し込む
  • eoインフォメーションデスクに電話して申し込む

当記事ではeo光公式サイトから申し込むことをおすすめします。その理由は、eo光公式サイトの申し込みフォームが、非常に分かりやすい作りになっているからです。

申し込みが完了すると、後日、住所氏名などを書き込む書類や契約書が届きます。これらの書類に記入、捺印して、eo光へと返送します。つづいて、eo光電話を使える環境であるかどうかを確認するために「宅内調査」が行われます。実際にスタッフが自宅まで来て、調査を行います。

この際、居住者の立ち合いが必要となるので注意が必要です。ちなみに宅内調査が必要になるのはホームタイプとメゾンタイプの契約の場合のみです。マンションタイプの契約の場合、宅内調査は行われません

宅内調査が完了したら、次は「宅内工事」が行われます。自宅にeo光電話を利用するために必要な回線の敷設、eo光多機能ルーターを設置します。ちなみに、工事という名目になっていますが、それほど時間が掛かるものではありません。単に回線を数本敷いてルーターをセットするだけなので、30分程度で終わります。

宅内工事が終了した直後から、eo光電話を利用することができます。実際にeo光電話が利用できるようになるまで、おおよそ1か月程度の期間が必要です。

ただし、マンションタイプの場合は、宅内調査が行われない分、もう少し短い期間でeo光電話を利用することが可能です。

まとめ

eo光電話は、料金も安く、音声品質もNTTと比べて負けてはいません。特に通話料金のおトクさが目立ちます。eo光電話同士なら無料、関西二府四県+福井県への発信は3分で7.4円とかなり格安。

ただし、発信者番号通知などを利用するには有料オプションを追加する必要があるという点には特に注意が必要です。また、多機能ルーターがなんらかの理由で使えなくなると電話も使えなくなるというところも頭に入れておきましょう。