mineoの解約金は撤廃されている? じゃあほかのキャリアよりも乗り換えしやすい???

mineoユーザーの中には、解約時に解約金が不要という理由で契約しているケースが少なくありません。

ほとんどのキャリアが2年単位の自動更新契約を行っていると、更新月以外での解約には1万円近くの契約解除料を求められます。一方、mineoは解約金の条件が緩いといわれており、払わなくて済むケースが多いのです。

それは一体どういうことなのでしょうか?

mineoの解約金は条件が緩和されている

かつてmineoには最低利用期間12ヶ月、解約金9,500円という条件が設定されていました。しかし、2015年7月1日よりこれらが撤廃されました

これにより、音声通話付きのデュアル契約とデータ通信専用のシングル契約、どちらも最低利用期間と解約金が発生することがなくなったのです。

しかし、mineoでは唯一MNP転出時のみ、MNP転出手数料という名の実質的な解約金が存在します。加入期間に応じて次の2パターンがあります。

  • 12ヶ月以内のMNP転出は11,500円の転出手数料が必要
  • 13ヶ月以降のMNP転出は2,000円の転出手数料が必要

解約金の設定は何を防止するために設けられているのか

mineoは最低利用期間と解約金を撤廃しているものの、MNP転出手数料という名目で実質的な解約金を例外的に定めています。では、何のためにmineoはMNP転出手数料のみ設定しているのでしょうか。

3大キャリアは、携帯電話加入者数がすでに飽和状態の日本において、限られたパイを奪い合う状態が長く続いていました。

新規加入時に携帯電話端末購入代金を安くするという従来の方式に加えて、MNP新規については他社から自社へ乗り換えさせることで競合他社の契約回線数を1つ減らし、自社の加入者数を1つ増やせます。そこで、MNP新規加入時のみ販売促進費用をかけて魅力的な特典を用意しました。

mineoは毎月の料金を安く、端末代金と回線使用量を完全に分離した方法を採用しています。月額料金から端末割引費用を回収する3大キャリアとは異なるので、短期間で他社MNP新規特典のためだけの踏み台にされることを避けたいという狙いがあります。

こうした事情に加え、新規事務手数料だけでは販売促進費用と新規回線開通費用を確保できないので、mineoにとって不利益となるMNP転出に対して転出手数料を設定しているというわけです。

mineoで解約金を払わないで済む方法は電話番号消失手続きを行うこと

mineoのMNP転出手数料は、自社で使われていた電話番号を持ち出して他社への乗り換えを行うことに対してのみ設定しているので、付与されている電話番号を消失させる手続きには解約金を取っていません。このため、次の3つのパターンならば、解約金を払わずに済みます。

音声通話付きプランを解約する

デュアル契約と呼ばれる通話とデータ通信両方に対応したmineoの各プランは、MNP転出をせずに単純に解約をする場合には解約金がかかりません

データ通信専用契約プランを解約する

シングル契約と呼ばれるデータ通信専用契約は、他社へのMNP転出が出来ない契約となっているので解約してもmineoの解約金は発生しません。この点は、格安SIM各社で同様にデータ通信専用契約の場合のみ解約金を設定していないケースが多いです。

音声通話付きプランからデータ通信専用契約へプラン変更

デュアル契約からシングル契約へのプラン変更は、mineoにとってMNP転出には該当せずに音声通話可能な電話番号を消滅させるに等しいので解約金がかかりません

mineoは他社転出を考えない限り解約金から開放されるメリットがある

mineoを契約する目的は、なるべく安く高品質な通信回線を利用したいからではないでしょうか。

この際、実際の通信速度に不安があるならば、MNP転出をしない限りは解約金がかからないという特典を活かし、試しに新規契約してみるというメリットがあります。

新規契約時に事務手数料はかかるものの、デュアル契約とシングル契約どちらであっても最低利用期間と解約金がないのでお試し利用としても何ら問題ありません。

12ヶ月以内のMNP転出手数料11,500円のみが高額となっているので、今使っている電話番号をmineoへMNP転入してから解約するパターンでも解約金は発生しないわけです。

今使っている電話番号を使い続けたい意思とmineoの通信品質確認を両立させたい場合は、新規契約を1ヶ月から数ヶ月だけ行い、問題なければメインの電話番号でMNP転出してお試し利用していた契約を解約するという使い方ができます。

まとめ

mineoは、最低利用期間と解約金が撤廃されているので、音声通話付き契約とデータ通信専用契約どちらも解約タイミングを気にせずに使えます。

ただ、MNP転出手数料のみ発生するので、どうしても維持したい電話番号があるのならmineoを新規契約して様子を見たのち、問題があればそれを解約するという方法を取れば、少ないリスクと料金でmineoを試すことができる、という結論になります。