フレッツ光でおすすめのIPv6 とは? 人気光回線を口コミで速度比較

フレッツ光は回線速度が遅いイメージがあるので敬遠しているという方、いらっしゃいませんか? 最近、フレッツ光で「IPv6」という新システムを導入したということを聞いたけど、そんなに期待できないという意見もあるかと思います。

そこで今回は次世代IPアドレスIPv6について詳しく解説し、世界最速と呼び声高い「NURO光」とフレッツ光の回線速度について、口コミ情報も交えて調査します。

果たして、フレッツ光の速度イメージはどう変わるのでしょうか?

次世代のIPアドレスと言われるIPv6

今まで、インターネットではIPv4アドレスというものを利用していました。しかし、インターネット人口が爆発的に増えたため、世界的にIPv4アドレスの在庫が枯渇し、インターネット接続をするときに新たに割り当てるIPv4アドレスが足りない状況に陥ってしまいました。

そこで新たにIPアドレスとして登場したのが、IPv6アドレスです。これを使うことで、混雑時間帯でも変わらない回線速度を実現できる、という最大のメリットが生まれました。

フレッツ光では、今まで回線速度が出なかった問題を解決するため、IPv6を導入したルーター端末を提供開始しました。それがIPv6 PPPoE」対応機器(回線終端装置)というものです。なお、IPv6のメリットを最大限に受けるためには「フレッツ・v6オプション」への申し込みが必要です。

フレッツ・v6オプションはオプションサービスですが、フレッツ光と同時申し込みの場合は初期費用は掛かりません。すでにフレッツ光を利用している場合は、別途申し込みが必要となり、対応の機器と交換するため、基本工事費1,000交換機等工事費1,000が掛かります。

IPv6の設定方法

IPv6を有効にするためには設定が必要になりますので、それを紹介しておきます。まずは、専用の「IPv6 PPPoE」対応機器とパソコンをLANケーブルでつなぎます。

ブラウザーを起動し、アドレス欄に「http://192.168.1.1」と入力。

出てきた「パスワード確認ダイアログ」画面に「ユーザー名:admin、パスワード:初期設定したパスワード」を入力してログインします。

かんたん設定画面が表示されたら、メニューにある【ルータ設定】【ネットワーク設定】とクリックしてください。

中間辺りにある「IPv6ブリッジ設定」のをクリックし、一覧から【有線LANのみ有効】を選択し、一番下にある【確認】をクリックします。

そのあと【確認】の右にある【送信】をクリックしてください。そのあと左側メニューの一番下にある【反映】をクリックして、再起動すれば設定は完了です。

口コミから見るNURO光との比較

IPv6にした場合、どれだけ早くなるのかとても気になりますよね。実際に使ってみて本当に早いのか、口コミ情報を調査してみました。

そして、世界最速と公言している「NURO光」ですが、フレッツ光のIPv6と比較してみた場合、どうなのでしょうか? 双方の口コミをさっそく見ていきましょう。

「フレッツ光IPv6」の口コミ

日によってまちまちで、50Mbpsを行ったり来たり

IPv6を導入し、この数値まで出るようになったそう。その前までどのくらいのスピードが出ていたのかがとても気になります。ほかの口コミで10Mbpsを切ることもあると記載があるので、その辺から50Mbpsまで出るようになったものと思われます。

IPv6にしてから夜間で50100Mbps

夜間で100近く出るのはとても速い速度です。IPv6の効果が遺憾なく発揮できているという証拠ではないでしょうか。回線速度がとても遅かったため、「BIGLOBE」プロバイダーに乗り換え、「IPv6オプション」を申し込みしたそうです。これはまさにIPv6に変えて大正解のケースです。

22時~24時は2Mbpsしか出ない。IPv6を導入したが変わりはなかった

いくら夜間とはいえ、2Mbpsはとても遅い速度です。IPv6を導入しても変わらなかったということは、もしかすると無線で使用していたり、パソコンの設定などの使用環境に問題があるのかもしれません。

その後の改善状況がとても気になります。

NURO光」の口コミ

戸建てタイプなのに良くて150MB、遅いときは50Mbpsになることも

戸建てタイプでこの速度は少々残念。つねにこの速度なら、単純に基地局から遠いこともあるのではないでしょうか。

最近では混雑時間帯で速度低下が散見されていますが、それでも800Mbps以上出ている人が多いのには、驚きました。対してフレッツ光は「IPv6に変えて大幅に速度アップ」と「変わらない」という口コミが半々です。

まとめ

新しいIPアドレスであるIPv6にしたからといって、絶対に速くなるとは限りません。

使用しているパソコンなどの設定、有線にする方法などを試して速度環境を改善したうえで、IPv6を導入し、快適な高速回線を実現させましょう。