ソフトバンク光はIPV6で高速化がおすすめ! 設定方法などを解説します

最近では、1Gbpsなどの高速通信が当たり前になってきたインターネット回線。WEBサイトも複雑化していく中で快適にインターネットを利用するためには、高速通信が必須となっています。

そんな中で覚えておきたいキーワードとして「IPV6」があります。聞きなれない言葉ではありますが、これらの言葉を覚えることでインターネットの高速化を実践することができます。

今回はそのIPV6を解説し、対応しているプロバイダーのひとつであるソフトバンク光でIPV6を設定する方法などを解説します。

IPV6って何?

まずはIPV6の基礎を紹介します。IPというのは「インターネットプロトコル」の略で、インターネットに接続されている機器に割り当てられる番号のことを指します。よく「IPアドレス」という言葉を耳にされると思いますが、これのイメージとしてはインターネット上での通信機器の住所の役割、といったところ。

IPアドレスが特定されることによって、ネット上に漂う情報をお使いの機器に届けることができるようになります。

そして、V6というのは「バージョン6」という意味になります。つまり「IPV6」は、IPアドレスの新しいバージョンを表す言葉なのです。

ちなみに、これまではIPV4という仕組みが使われていました。こちらでは、約43億個のIPアドレスを機器に割り当てることができましたが、インターネット利用者の増加を背景にIPアドレスが不足するという状況が生まれていました。

その中でIPV6というバージョンが誕生し、この接続方式によってIPアドレスが事実上無限に使用できるようになったのです。

ここまでの内容から、IPV6自体は、インターネットを高速化させるものではないというのがわかります。あくまでIPアドレスを割り当てる方法が新しくなったことで、インターネット上の問題が解決される、ということです。

IPV6とIPoEのハイブリットでインターネットを高速化

IPV6を使ったインターネットを高速化するには「IPoE」との組み合わせを利用する必要があります。IPoEというのは、次世代インターネット接続環境のことで、従来の方式よりも高速なネット通信が可能になります。

ソフトバンク光では「IPV6 IPoE+IPV4」という高速通信のハイブリットによって下り最大1Gbpsという速度を実現しています。

「IPV6 IPoE+IPV4」を利用するためには

ソフトバンク光では、設定や追加料金も必要なく「IPV6 IPoE+IPV4」という高速インターネットを利用できます。

ただ、中にはこの接続方式が利用できないケースも生じることがあります。ここでは、「IPV6 IPoE+IPV4」が利用できない時の対処方法を解説します。

IPV6に接続しているか確認する

まずはIPV6に接続しているかどうかを確認する必要があります。

参考 IPv6接続確認ページSoftbank公式サイト

こちらにアクセスすると接続方式が確認できます。

「お客様はIPv4インターネットで接続しています」

「お客様はIPv6インターネットで接続しています」

といった表示がされるのでIPV6で接続していれば、「IPV6 IPoE+IPV4」が利用できます。

ホームゲートウェイ や光BBユニットを確認

ソフトバンク光を利用する上で使用している機器には「ホームゲートウェイ 」や「光BBユニット」などがあります。使っている機器の設定によってIPV6が利用できないことも考えられるので、設定方法を見直す必要があります。

参考 【Softbank 光】IPv6 IPoE + IPv4接続方式が利用できない場合の対処方法を教えてください。Softbank公式サイト

詳しい設定方法はこちらから確認することができます。案内に従ってお使いの機器の設定を確認・変更してみてください。

ソフトバンク光が遅いと感じたら

インターネット中に遅いと感じてしまうことがしばしばあると思います。確かに通信業者によって回線速度の良し悪しはありますが、ソフトバンク光の場合は「IPV6 IPoE+IPV4」が利用できているかどうかが重要です。

もしソフトバンク光を使っていて遅いと感じた場合「IPV6 IPoE+IPV4」が使えていない可能性があるので、設定などをよく確認してみましょう。

まとめ

「IPV6 IPoE+IPV4」という、少々専門的な言葉で縁遠いものと思われるかもしれませんが、それぞれの言葉を理解していくとより便利にインターネットを利用することができます。使っているインターネットの設定を確認していくことで、速度低下の原因を特定することにもつながります。