ワイモバイルは通話料がお得! 初めての格安SIMならワイモバイルがオススメ……その3つの理由

毎月のスマホ料金が大幅に節約になる、またはCMで話題になっている……という理由から格安SIMが気になっている方も多いのではないでしょうか。

3大キャリアから格安SIMに初めて乗り換えるならワイモバイルがオススメ! どうしてか? その理由を本記事で解説していきます

ワイモバイルの特徴

ワイモバイルはSoftbankのサブブランドともいえる存在で、使っている回線もSoftbankと同じ。そのため通信速度、通信エリアなどはSoftbankと遜色なく、他の格安SIMと比べても通話・通信の安定度が高いのが魅力の一つです。

これから初めての格安SIMにワイモバイルをオススメする理由を説明しますが、あえて先にデメリットを明示するなら最新機種が使えない、ということ。

iPhoneでいえばiPhone7までしか契約することはできません。自分でiPhone8やXを用意すれば使えますが、かなり面倒ですし金額も跳ね上がります。

しかし、それを上回るメリットがあるのが、ワイモバイルを推す理由です。

ワイモバイルがオススメな理由

それでは、初めての格安SIMにワイモバイルがオススメな理由を説明します。先に箇条書きで説明すると以下の3つです。

  • 通話料の無料対象が10分以内
  • 3大キャリアと比べて月に5000円ほどスマホ料金を節約できる
  • 他の格安SIMと比べて実店舗が多いため、アフターサービスも充実

以下、各項目の解説をしていきます。

10分以内の電話なら通話料金が無料

ワイモバイルは国内通話が最初の10分間は無料になっています。

3大キャリアの場合は初めから通話料無料になっていることが多いですが、ほとんどの格安SIMは通話した分だけ通話料が加算されます。

通話しない人はより安く、通話する人はその分は負担する……というイメージでしょうか。

仕事の関係で通話を多くする場合、通話した分料金が上がるシステムだと結局「大して安くならなかった」という結論になりがち。

しかし、ワイモバイルの場合にはそんな心配は不要です。多くの電話が2分程度で終わるといわれていますので、無料対象である10分も電話することは珍しいくらいです。もし10分超える場合には、一度切って掛け直せば無料対象の範囲内に収められ、結果的に今までよりも通信量を安くする方法になる、というわけです。

3大キャリアと比べて月に5000円ほどスマホ料金を節約できる

3大キャリアの場合、毎月のスマホ代は8000~1万円という場合が多いと思いますが、ワイモバイルに乗り換えた場合、単純計算でも毎月5000円ほど節約できることになります。

なお、ワイモバイルの公式HP内で料金シュミレーションができますので、ぜひこちらを参考にしてみてください。

https://www.ymobile.jp/plan/smartphone/

ご覧のように、機種をiPhone7、プランを3GBで選んだ場合、最初の1年間は月額3,540円。2年目以降は4,622円となっています。

契約プランや選ぶ機種によって変わっていきますが、スマホ代を安くする方法としてはこれ以上のものはない、と断言できます。

ほかの格安SIMと比べて実店舗が多いため、アフターサービスも充実

格安SIMにありがちな不満の一つが、トラブルが起こった場合にアフターフォローが弱い。ということです。

「端末が壊れた」「ネットが繋がらない」「よく分からないオプションがついている」こんな経験ありませんか?

3大キャリアの場合には店舗が全国に多数ありますが、格安SIM業者の場合、店舗がなく電話で問い合わせるしか方法がないケースがあります。しかし、電話を掛けても繋がらない、繋がってもよく分からなかった……そのような不便を感じる方が多いようです。

しかし、ワイモバイルの場合には全国に4000店舗あり、直接店舗に行けばトラブル対応してくれますので、初めてでも安心

また、初期設定もやってくれることも強み。店舗を構えていない格安SIM業者の場合、インターネットで注文して自分でスマホにSIMカードを挿し、初期設定を行うのですが、慣れていないとこの作業はかなり大変です…。

このように、店舗を構えている格安SIM業者=ワイモバイルが初めて格安SIMを使う方には圧倒的にオススメな理由となります。

まとめ

格安SIMの料金は魅力だけども、何だか怖い……そんな人にはワイモバイルがシンプルで分かりやすくてオススメです。

特に実際に店舗を構えているという点は、3大キャリアを利用するのと同じような感覚で使えるので、とても心強いと思います。