ソフトバンク光の通信安定度は? 繋がらないときに試すべきおすすめの方法を紹介

光回線などのインターネットサービスを利用している際、いきなり回線が繋がらなくなってしまうと、ストレスが溜まってしまうもの。それまで快適にインターネットが楽しめていたにも関わらず、突如使えなくなるといった症状が頻発した場合、契約を見直したくなります。

今回はソフトバンク光の通信安定度についてまとめていきます。また、突然繋がらなくなった場合の対処法も紹介します。

ソフトバンク光の安定度は? 口コミを確認

ソフトバンク光の通信安定度を知るために、口コミを確認してみましょう。ただ、口コミの場合はネガティブな反応がどうしても多くなることを頭に入れておく必要があります。口コミだけで全てを判断できるわけではありませんし、いくらソフトバンク光が遅い/繋がらないといった症状が多くでも、それぞれ原因が異なる場合も考えられます。

このようなことを理解した上で、ソフトバンク光の口コミをみていきますと、通信速度については遅い/速いという意見が両方みられます。これは利用状況や目的、住宅環境などが影響するものでもあるため、一概にどちらかとは判断できませんが、一般的な光回線と比較しても平均的な水準であることは伺えます。

ソフトバンク光の実測値を確認

インターネットサービスの平均的な速度を記載しているサイトを確認してみます。そういったサイトではユーザーがそれぞれの回線の実測値を投稿し、平均速度を算出します。これを見ると、口コミよりも正確な情報が得られます。

参考 みんなのネット回線速度

こちらのサイトで算出されているソフトバンク光の回線速度としては、

  • 下り平均速度:138.98Mbps
  • 上り平均速度:119.92Mbps

となっています。

この水準は光回線の中では、あまり速いとはいえない数値です。他の光回線の場合、下りの平均速度が200Mbps以上出ているものもあります。そのように考えるとソフトバンク光は下り最大1Gbpsを打ち出していますが、大した速さとはいえません。

ソフトバンク光が繋がらなくなる原因は?

ソフトバンク光がいきなり繋がらなくなるという症状は、いたるところで確認できます。こういった状態に陥った場合、どのようなことが原因になっているかをみていきましょう。

まず、大まかな原因としては機器に問題がある場合と、回線に問題がある場合が考えられます。

光回線には、モデムやルーター、ONUといった機器が接続されています。これらの機器が正しく接続されていない場合や、機器に不具合が生じている可能性が考えられます。

また、回線に原因がある場合は、ソフトバンク光のメンテナンスが行われていたり、事故が生じている可能性が考えられます。

さらに、インターネットを利用しているパソコンの設定に問題があるなども考えられますが、これらの原因を頭に入れながら対処していく必要があります。

ソフトバンク光が繋がらないときの対処法

ここからはソフトバンク光が繋がらなくなったときの対処法を原因別にまとめていきます。先述の通り、機器に問題がある、回線に問題があるなどを頭に入れて、1つ1つ試していきましょう。

機器に問題がある場合

まずは、ソフトバンク光に使われているそれぞれの機器の接続状況を確認します。コンセントLANケーブルなどが正しく接続されていなければ、それが原因とわかるのでつなぎ直します。

それでもダメなら、機器を再起動してみます。再起動をすることによって症状が改善することがあるので試します。

機器を再起動する際には、電源を落とす/入れるにあたって順番がありますので、利用環境によって接続機器は異なりますが、以下のURLを確認してください。

参考 ソフトバンク光 サポート

こちらのページでは、電源を落とす順番が「パソコン」→「光BBユニット」→「ホームゲートウェイ」→「ONUまたはVDSL」となっています。

そして、電源を入れる順番が「ONUまたはVDSL」→「ホームゲートウェイ」→「光BBユニット」→「パソコン」となります。

これを試してみることによって、インターネットが回復したかどうかを確認します。

また、それでもインターネットが繋がらない場合には、ソフトバンク光が提供する「診断ツール」が用意されているので、案内にしたがって診断をしてみてください。

参考 診断ツール

回線に問題がある場合

回線自体に問題がある場合は、こちら側ではどうしようもありません。ソフトバンク光側での改善を待つしかないでしょう。

サポートなどへ問い合わせを行うことによって、現状を確認してみると、どのような状態になっているのかが把握できます。

まとめ

光回線がいきなり繋がらなくなるとサービスの質に不信を抱いてしまいますが、ときに原因が自分の方にある場合も考えられます。もちろん回線の不具合なども生じますが、原因を冷静に把握して、必要な対処ができるようになると、焦ることなく問題を解決できるでしょう。