ソフトバンク光を利用中に引っ越しする時は? 移転・解約の手続きを解説

家でのインターネット利用なら、高速通信で快適に使える光回線がおすすめです。光回線ならストレスを感じることなく、ネットサーフィンや動画視聴ができます。

そんな光回線ですが開通には「工事」が必要となります。光回線のケーブルを家まで引き込むことになるのですが、当然ながら引っ越しをすれば再度工事を行う必要性が出てきます。工事は有料であることが多いので、引っ越しをした場合、さらに工事費がかかることになる可能性が高いです。

今回はソフトバンク光を利用中で引っ越しをする場合の手続きや費用などを解説します。

ソフトバンク光の工事費は?

ソフトバンク光を新規で申し込む場合、開通にあたって工事費が必要となります。工事費は24,000円となっており、分割での支払いも可能となっています。

ただ、ソフトバンク光では加入特典を利用すると、この24,000円の工事費分のキャッシュバックを受けることが可能になります。このキャッシュバックは他社のインターネットを利用しており、ソフトバンク光に乗り換えることが条件になります。

また、こちらの特典では、乗り換え時に発生する違約金や撤去工事費が全額キャッシュバックされます。

他社からの乗り換えという観点でいえば、ソフトバンク光はお得な加入特典が用意されています。

また、フレッツ光を利用している人がソフトバンク光に乗り換えた場合、回線はそのままで工事不要となります。工事費もかかりませんし、違約金に関してもソフトバンク光が全額負担してくれます。

引っ越しをする場合は?

光回線を利用する場合、引っ越しをすることを念のため、想定しなければなりません。引っ越し先でこれまでの回線を継続して利用する場合、新居で開通工事を行う必要が発生します。

引っ越しの際の移転手続きに関しては、Web上のマイページ、もしくはソフトバンクショップ、ワイモバイルショップ、電話での手続きが可能となっています。また、引っ越し先で開通工事が必要となる場合には、新たな工事費が必要となります。工事費は先述の通り24,000円です。

ただ、引っ越し先の工事費に関しては、キャンペーンを適用することによって、工事費が0円となります。

他の光回線で工事費や引っ越しなどはどうなっている

ソフトバンク光に関しては、乗り換えによる開通工事費が実質無料になるという点と、引っ越しの際には、キャンペーンの適用によって工事費が無料になるという点が重要です。

では、これらのポイントを踏まえながら、他の光回線では、工事費、引っ越しに関してどのようになっているか比較していきましょう。

NURO光

世界最速の光回線としておなじみのNURO光。NURO光では、基本工事費が40,000円と高額になっているのですが、特典を利用すれば、工事費が実質無料になります。

また、引っ越しに関しても、新居での工事費が無料となる特典が用意されています。

au光

ソフトバンクと同様にスマホ事業を行っているauも光回線サービスを提供しています。au光に関しても、新規契約に伴う工事費は特典を利用することで無料にすることができます。

また、引っ越しに関しても、こちらの特典が利用できるようになっているため、引っ越しに伴う工事費もかかりません。

これらの事例を考えてみると、光回線は引っ越しに伴う工事費に関しては、手厚くサポートを実施しているところが多いといえます。光回線を選ぶ場合、ネックになるのが工事費ですが、こちらの費用に関してはあまり考える必要がなさそうです。

ソフトバンク光の解約方法は?

ソフトバンク光は基本的に2年契約となっており、契約期間が満了すると自動更新となります。契約満了月以外で解約をした場合、解約金9,500円が必要となる仕組みになっています。

解約の手続きに関しては、まず電話にて解約の申し込みを行います。電話で解約手続きを行ってから、利用していた機器の返却を行います。このときに、ソフトバンクの機器とNTTの機器とで返却方法が異なるので注意しましょう。

詳しくは以下のURLから確認できます。

参考 解約手続きの流れソフトバンク光公式サイト

まとめ

ソフトバンク光の引っ越し手続きや解約方法をまとめていきました。引っ越しに関しては、新たな工事が必要となりますが、工事費は無料にできるので安心です。また、解約に関しては、解約金が発生するケースもあるので、できるだけ契約満了付きに解約手続きを行うのをおすすめします。