ワイモバイルのタブレットはどんな人におすすめ? 対応機種や料金は?

通信量を節約したい場合や、スマホの画面は小さくて使いにくい場合、音声通話は操作がしやすくバッテリーの持ちもよいガラケーで行いたい場合などに便利なのが、ガラケーとタブレットの2台持ちです。

実際にビジネス・プライベートを問わず、ガラケーとタブレットを2台持ちで利用している人は大勢いますが、2台持ちは一見するとスマホの1台持ちよりも高くなってしまうように考えられがちです。

利用料金を抑えつつ2台持ちをしたいと考える人に強く推奨したいのが、ワイモバイルのガラケーとタブレットの利用です。今回は同社を利用するメリットやデメリットを解説していきます。

ワイモバイルで2台持ちをするメリットとデメリット

まずワイモバイルで2台持ちをするメリットですが、以下のポイントが挙げられます。

  • セットでおトクに利用できるキャンペーンがある
  • Yahoo!Japanのサービスがお得に利用できる
  • ワイモバイルやソフトバンクの携帯へ通話し放題
  • オプションを利用すれば完全定額で通話し放題になる

ワイモバイルではガラケーと指定のタブレットやPocket WiFiをセットでお得に利用できる「セットでおトクキャンペーン2」が適用されるので、2台持ちでもセット料金が適用され、低ランニングコストを実現できます。

またタブレットを契約すれば無料でYahoo!プレミアム会員になれる「Yahoo!プレミアムfof Y!mobile」という特典もあります。これによりYahooでの買い物などが圧倒的にお得になる点も大きな強みです。

さらには1時~21時まではワイモバイルやソフトバンクの携帯電話・スマートフォンへの通話料が無料となりますし、「スーパー誰とでも定額」(オプション料が月額税込み1,080円)というオプションに加入すれば、時間や相手の回線に関係なく完全定額で国内通話がし放題になるので、よく音声通話発信をする人でも安心かつお得に利用できます。

一方でデメリットですが、以下のポイントが挙げられます。

  • 対応機種にiPadがない
  • 選べるプランが少ない

大手携帯キャリアなどではガラケーとiPadをセットで利用できますが、ワイモバイルではiPadの取り扱いがなく、対応機種はAndroidタブレットしかないので、注意が必要です。

また、タブレット向けのプランはデータ容量が1GBのデータプランS7GBのデータプランL2種類しかない上に「セットでおトクキャンペーン2」はデータプランSにしか適用されないため、実質的には選択肢がデータプランSのみとなっています。

データプランS1GBまでしか高速通信ができないので、ヘビーユーザーの場合、すぐにデータ容量が足りなくなってしまうことが懸念されます。

ワイモバイルで2台持ちをする場合とdocomo2台持ちをする場合の月額料金比較

ワイモバイルで2台持ちをするメリットとデメリットについて確認が済んだところで、大手携帯キャリアで2台持ちをする場合と比較して、具体的にどの程度の月額料金の差が生じるのかをシミュレーションしていきます。

今回はdocomoを比較対象とし、利用する端末や料金プランなどはできるだけ近いものを選ぶこととします。

ワイモバイルの場合

ガラケー

AQUOSケータイ 602SHを新規で契約

1,008円(ケータイプランSS)+324円(ベーシックパック&パケット定額)+1,512円(端末代)-1,296円(月額割引)=1,548円/月(税込み)

タブレット

Mediapad M3 Lite sを新規で契約

2,138円(データプランS)+1,296円(端末代)-756円(月額割引)-1,080円(セットでおトクキャンペーン2)=1,598円/月(税込み)

合計

1,548円+1,598円=3,146円~/月(税込み)

docomoの場合

ガラケー

AQUOSケータイSH-02Lを新規で契約

1,058円(シンプルプラン)+3,132円(ベーシックパック1GBまで)+324円(ネット接続サービス)1,269円(端末代)-1,269(月々サポート)=4,514円/月(税込み)

タブレット

dtab Compact d-02kを新規で契約

1,836円(データプラン)+540円(シェアオプション)+324円(ネット接続サービス)+1,890円(端末代)-2,484円(月々サポート)=2,106円/月(税込み)

合計

4,514円+2,106円=6,620円~/月(税込み)

ワイモバイルとドコモのセット料金を比較してみますと、月額料金は3,474もの差が生じ、ワイモバイルはドコモの半額以下で2台持ちできるシミュレーション結果となりました。

ワイモバイルはどんな人におすすめ

ワイモバイルの特徴を考慮すると、ワイモバイルでの2台持ちは以下のような人に向いていると考えられます。

  • スマホの1台持ちから2台持ちに変えて通信費を節約したい人
  • 家族や親戚、友人にワイモバイルやソフトバンクユーザーが多い人
  • 日頃からよくYahoo!ショッピング等、Yahooのサービスを利用している人
  • Wi-Fi環境がある場所で過ごすことが多く、1GBの通信量で十分な人

これらの条件に当てはまる場合、ワイモバイルで2台持ちのセット料金でみても高確率で通信費を節約しつつ、快適にサービス利用ができます。

まとめ

ワイモバイルでは対応機種にiPadがない、選べるプランが少ないなどの弱点はありますが、セット料金を大手携帯キャリアと比較した場合、半額以下のランニングコストで2台持ちできるという絶対的な強みがあります。

無理なく2台持ちをしたい場合や、初めてタブレットを利用したいけど様々な不安がある場合にも推奨できますし、まずは気軽にショップに問い合わせをしてみることをおすすめします。

■その他、ワイモバイルに関する記事はこちらからご覧ください。

格安SIMでテザリングするならワイモバイルがGOOD! スマホだけじゃない! ワイモバイルならガラケーもお得!