どう違う? フレッツ光の各サービスの違いを比較

光回線について調べていると、「フレッツ光」という名称が入ったサービスがいくつも出てきますよね。

同じような名前だけど、サービス内容の違いなのか、ただ名称が違うだけなのか、というのがとても気になるのではないでしょうか?

そこで今回はフレッツ光の各サービスの違いについて解説します。

フレッツ光にはどんな種類があるのか?

フレッツ光には大きく分けて、使った分だけを支払う従量制タイプの「フレッツ光ライト」と、データ容量使い放題の「フレッツ光ネクスト」があります。

さらに、「フレッツ光ネクスト」には東日本と西日本で、名称の違う同サービスがあるため、かなり難解に感じるかもしれません。ということで、ここでいったん整理してみましょう。

まずは東日本エリアですが、

  • 戸建てプラン「フレッツ光ネクスト ギガファミリースマートタイプ(1Gbps)」
  • 集合住宅「フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ(1Gbps)」

2種類があります。

次に西日本エリアは、

戸建てのプラン

  • 「フレッツ光ネクスト ファミリー(100Mbps)」
  • 「フレッツ光ネクスト ファミリー・ハイスピード(200Mbps)」
  • 「フレッツ光ネクスト フレッツ光ネクスト【ファミリー隼】(1Gbps)」

があります。

マンションタイプになると、

  • フレッツ光ネクスト【マンションタイプ】(100Mbps
  • フレッツ光ネクスト【マンション・ハイスピードタイプ】(200Mbps
  • フレッツ光ネクスト【マンション・スーパーハイスピードタイプ隼】(1Gbps

となります。

以下、地域とシチュエーションを加味した例を紹介します。

1

東京都の戸建てに住み、とにかくたくさん容量を使いたい人は、「フレッツ光ネクスト ギガファミリースマートタイプ(1Gbps)」。

2

大阪府のマンションに住んでいて、容量を気にせずに高速回線を使いたい人は「フレッツ光ネクスト【マンション・スーパーハイスピードタイプ隼】(1Gbps)」。

まずは自分が住んでいるエリアが東日本なのか、西日本なのかを調べます。

それから戸建て、もしくはマンションかを把握したうえで、プランを選ぶとわかりやすいです。

どのプランも名称が違うだけで、好きなだけ使えるプランか、使った分だけを払うプランかという違いが1点。

それから、西日本では普通速度プラン、そこそこ速いプラン、とても速いプランの3択になるという点だけを覚えておくとわかりやすいでしょう。

フレッツ光の各サービス料金

次に各サービスの料金詳細を見ていきましょう。

東日本エリア

フレッツ光ライト

回線速度:100Mbps

200MB 2,700

200MB1,200MB未満 10MBにつき30+2,700

1,320MB以上 5,700

すべてプロバイダー別途加算

フレッツ光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ(戸建てプラン)

回線速度:1Gbps

月額5,700+プロバイダー料金

フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ(マンションプラン)

回線速度:1Gbps

マンション内で8契約以上はプラン1となり月額3,750円、16契約以上はプラン23,350円、 6契約以上がミニプランで4,350円です。

西日本エリア

フレッツ光ライト

回線速度:100Mbps

320MB 3,200

320MB 1,320MB未満 10MBにつき28+3,200

1,320MB以上 6,000

すべてプロバイダー別途加算

フレッツ光ネクスト(戸建てプラン)

フレッツ光ネクスト ファミリー(100Mbps

フレッツ光ネクスト ファミリー・ハイスピード(200Mbps

フレッツ光ネクスト フレッツ光ネクスト【ファミリー隼】(1Gbps

料金はすべて同一5,400+プロバイダー料金

フレッツ光ネクスト(マンションプラン)

フレッツ光ネクスト マンションタイプ(100Mbps

フレッツ光ネクスト マンション・ハイスピードタイプ(200Mbps

フレッツ光ネクスト マンション・スーパーハイスピードタイプ隼(1Gbps

料金はマンションの規模によって変わります。

マンション内で8契約以上はプラン1となり月額3,700円、16契約以上はプラン23,200円、 6契約以上がミニプランで4,500円です。

最もおすすめのプランは?

ここまでで最もおすすめのプランはなにか?

まずは東日本エリアですが、動画や光テレビを楽しむなら、断然、フレッツ光「ネクスト」です。

インターネットやメールくらいしか使わない人は、フレッツ光「ライト」もいいかもしれませんが、あまりおすすめできません。格安SIMなど、スマホのテザリング機能を使えば、インターネットの調べものやメール送受信程度なら、十分ではないでしょうか。

西日本エリアならば、フレッツ光ネクストの1Gbpsプランを選択をおすすめします。

100Mbps200Mbpsも選べるようになっていますが、回線速度による料金の違いはありません。

1Gbpsプランのフレッツ光ネクスト【ファミリー隼】(戸建てプラン)か、フレッツ光ネクスト【マンション・スーパーハイスピードタイプ隼】(マンションプラン)を選ぶのがおすすめです。

まとめ

エリアや回線速度、建物の種類で名称が変わるため、どれにすれば良いのかわかりにくいですね。

まずはエリアを確認し、戸建てかマンションを把握してから、サービスを選ぶようにしてください。

速い回線速度を選ぶことにポイントを置けば、まず間違いありません。申し込み前はとにかく落ち着いてプランを選ぶようにしましょう。