ドコモユーザーの通信費節約にはWiMAX併用がおすすめ

通信費が高いので、もう少し安く抑えたい。通信量を気にせずネット利用したいそう考えているドコモユーザーの方はいませんか?

この記事では悩めるドコモユーザーの方へ向けて、通信費節約になる方法について紹介していきます。

具体的には

  • 電話はドコモ、ネットはWiMAX利用で費用を抑える方法とメリット
  • ドコモとWiMAX端末の併用に切り替える時の注意点

この2つにポイントを絞りましたので、ぜひチェックしてみてください。

電話はドコモのまま、ネットのみWiMAXへ切り替えでコスト削減

結論から書きます。ドコモユーザーの通信費を減らす方法とは……

  1. ドコモのスマホは、通信量少なめのプランで契約する
  2. 他社でWiMAX端末を契約。インターネット時はこの端末を利用する

この2つを併用することです。

スマホはこれまで通りドコモのまま。ただし、ドコモ回線でのネット使用を控えますインターネット接続は、別プロバイダで契約したWiMAX端末に切り替えるのです。この方法にするだけで、次で挙げるメリットが生まれます。

本記事では、WiMAX端末=持ち運べるWi-Fi端末、ポケットWi-Fiを指してお伝えします

プロバイダとは、インターネット接続サービスの提供会社のこと

ネットだけを他社へ切り替える。ドコモユーザーのメリットは2

①月額料金を安く抑えられ、使えるデータ量が多くなる

別々に契約すると費用が高くなるのでは? と疑問に思うドコモユーザーの方もいらっしゃると思います。しかし、実際は違うのです。その理由を順にご説明します。

まずは、通信データ量・月額料金の比較です。

今回はドコモとUQ WiMAXで、通信データ量が近い2つのプランで比較しています。

  

会社名

プラン名

月間データ量

月額料金

ドコモ

ギガホ

30GB

6,980

UQ WiMAX

UQ Flatツープラス ギガ放題

上限なし

4,380

会社名

プラン名

月間データ量

月額料金

ドコモ

ギガライト ステップ4

7GB

5,980

UQ WiMAX

UQ Flatツープラス

7GB

3,696

201961日よりドコモのプランが新しくなりました

税別。ドコモ定期契約ありプラン。UQ WiMAX…3年契約プラン

UQ WiMAXのほうが、月額料金は明らかに安いことがお分かりいただけかと思います。

次に、スマホ+WiMAX端末の2台持ちを想定して

  • ドコモ契約のみ(スマホ+Wi-Fi端末 両方ドコモ契約)
  • スマホはドコモ、WiMAX端末はUQ WiMAXを契約

という例を挙げて月額料金を比較してみます。

ドコモのみ

ドコモとUQ WiMAX併用

スマホ分 月額料金

6,980

ギガホ(30GB

2,980

ギガライト ステップ1

WiMAX分 月額料金

0

4,380

UQ Flatツープラス ギガ放題

オプション代

1,000

(データプラスプラン)

0

合計月額料金

7,980

7,360

月間データ量

(スマホ・WiMAX端末)

スマホとWiMAX端末

合計30GBまで

スマホは1GBまで。

WiMAX端末は上限なし!

税別。ドコモ定期契約ありプラン。UQ WiMAX…3年契約プラン。端末代別途

ドコモにはスマホとWi-Fi端末とのペアで、データ通信量を共有できる「データプラスプラン」がある。ただしオプションのため単体契約不可

ドコモとUQ WiMAXを併用するほうが

  • 月額料金が安くなっている
  • 月間データ量が上限なしに(ドコモは30GBまでという制限あり)

ということが分かります。また、併用することで残りデータ量を気にせずに、使うことができるようにもなります。SNS・動画・ゲームなど、その他サービスをたくさん利用している人には、特に効果が明らかになります。

したがって

  1. ドコモのスマホは、通信量少なめのプランで契約する
  2. 他社でWiMAX端末を契約。インターネット時はこの端末を利用する

という対応方法が、通信費を節約するには必須であるといえます。

WiMAXを固定回線の代わりにするとさらに通信費を節約

WiMAX端末はスマホだけではなく、パソコンやゲーム機器など複数回線を接続することもできます。もちろん、自宅でのネット回線としても利用することが可能です。

自宅でインターネットの固定回線を契約していた場合、契約をWiMAX1つにまとめることでさらなる通信費の削減にもなります。

WiMAX取り扱いのプロバイダ多数! おトクなキャンペーンが多い

UQ WiMAX以外にも、WiMAXギガ放題プランを取り扱っているプロバイダはたくさんあります。さらに、新規契約者向けのWiMAX加入キャンペーンも随時行われています。

キャンペーン内容はキャッシュバックや、月額料金大幅割引きなど会社によって様々。キャンペーンを利用できれば、先ほど比較したWiMAX料金よりも更に安く、おトクに加入できるチャンスになります。

ドコモと他社WiMAX端末の併用に切り替える時の注意点は2

注意1WiMAX利用可能エリアは、事前に確認しておく

UQ WiMAX公式サイトでは、WiMAX通信可能エリアについて

  • サービスエリアマップ
  • ピンポイントエリア判定

が掲載されています。地方や山間部など一部つながりにくい地域もあるため、お住まいのエリアがWiMAX利用可能かどうか、事前に調べておくと安心です。

また、UQ WiMAXは、15日間無料WiMAX端末を利用できます。お試しとして、実際のつながりやすさを一度体験・確認するのもおすすめです。

注意2:ドコモで解約金などの支払いが発生するか確認しておく

ドコモの定期契約期間は2年間契約変更や解約の申し出がない場合、自動更新となります。オプションについても、契約期間内での回線解約・定期契約なしプランへの変更に解約金が発生します。契約満了月の当月、翌月、翌々月など解約金が発生しない月もあります。

よって、他プロバイダへの契約を検討する段階から

  • 契約期間満了月の確認
  • 解約金についての確認

も同時に注意しておくと、いざ行動に移すときに役立ちます。

まとめ

ドコモのスマホを解約しなくても、WiMAXを取り入れる方法で通信費を抑えることができるので、ドコモユーザーの方もWiMAX契約を検討する価値は充分にあります。

まずは自分に合う、プロバイダを探すところから始めましょう。