WiMAXはソフトバンクユーザーにもおすすめ? ソフトバンクのPocket WiFiやソフトバンクエアーを利用する場合と徹底比較!

工事不要・定額料金でWi-Fiが使い放題になるサービスとして有名なWiMAXですが、WiMAXauとの結びつきが強く、ソフトバンクユーザーには不向きのように感じられます。

またソフトバンクもWiMAXのようなモバイル回線を利用したWi-Fiサービスを展開をしていることから、どちらを選んだら良いのか迷ってしまうのではないでしょうか。

ソフトバンクでPocket WiFiやソフトバンクエアーを契約する場合とWiMAXを契約する場合はどちらがお得なのかをケース別に徹底解説します。

WiMAXはソフトバンクユーザーにもおすすめ

結論から申し上げますと、WiMAXはソフトバンクユーザーにもおすすめです。

WiMAXauUQモバイルのスマホとセットで利用することでよりおトクに利用できるのですが、全てのプロパイダがセット割引に対応しているわけではありませんし、単体で契約しても十分に安い料金体系となっています。

具体的にWiMAXがどのくらいおトクなのかを、ソフトバンクユーザーがソフトバンクのPocket WiFi、ソフトバンクエアーをセットで利用する場合と比較検討していきます。

WiMAXとソフトバンクのPocket WiFiはどちらがお得?

まずはWiMAXのモバイルルーターソフトバンクのPocket WiFiを、ソフトバンクユーザーが契約した場合の料金体系・サービス内容を比較していきます。

なおどちらのサービスも公式オンラインストアから申し込みを行い、WiMAXの端末はSpeed Wi-Fi NEXT W06、ソフトバンクのPocket WiFi601HWを利用するものとします。

またWiMAXには様々なプロバイダがありますが、業界で屈指の人気度・お得度・知名度を誇るGMOとくとくBBをモデルケースとしてシミュレーションしていきます。

両者のサービス内容・料金体系をまとめたものが、次の表となります。

比較表(税別)

WiMAXGMOとくとくBB

ソフトバンクのPocket WiFi

プラン名

ギガ放題

4GLTEデータし放題フラット

データ容量

無制限

7GB/月

月額料金

1ヶ月・2ヶ月…3,609

3ヶ月~36ヶ月…4,263

4,696

通信速度

下り最大1.2Gbps

下り最大612Mbps

契約期間

3

2

(お得に使うためには3年契約が必須)

割引サービス

30,000円のキャッシュバック

無し

36ヶ月の総額料金

125,160

172,056

こうして両者を比較してみますと、料金面ではWiMAXが総額で約46,000円お得になり、通信速度も倍であることがわかりました。

さらにソフトバンクのPocket WiFi1ヶ月あたりの高速データ容量が7GBまでであるのに対し、WiMAXはデータ容量無制限で高速通信が無制限となっています。

モバイルルーターに関しては、ソフトバンクのPocket WiFiを契約するよりもWiMAXと契約したほうが、はるかにお得/快適に利用できるものと考えられます。

WiMAXとソフトバンクエアーはどちらがお得?

一昔前であれば、自宅用の固定回線といえば、ADSLやケーブルインターネット、光インターネットなどのブロードバンド回線が一般的でした。

しかし近年では、工事不要・最短で申し込み当日から利用ができるモバイル回線を自宅用の固定回線として利用するケースが増えていますし、WiMAXやソフトバンクもモバイル回線を自宅用の回線として利用するプロモーションを増やしています。

WiMAXのホームルーターとソフトバンクエアーをソフトバンクユーザーが利用した場合、どちらがお得になるのかをシミュレーションしていきます。

なお、WiMAXのプロバイダは引き続きGMOとくとくBBとし、利用する端末は『Speed WiMAX HOME L02』とします。

またソフトバンクエアーは、ソフトバンクのスマホを「ミニモンスター」プランで契約している単身世帯で考え、端末は「レンタル」ではなく「分割払いでの購入」でシミュレーションしていきます。

両者のサービス内容・料金体系をまとめたものが、次の表となります。

比較表(税別)

WiMAXGMOとくとくBB

ソフトバンクエアー

プラン名

ギガ放題

おうち割光セット

データ容量

無制限

無制限

月額料金

1ヶ月・2ヶ月…3,609

3ヶ月~36ヶ月…4,263

4,300

通信速度

下り最大1.0Gbps

下り最大962Mbps

Airターミナル4の場合)

契約期間

3

2

(お得に使うためには3年契約が必須)

割引サービス

30,000円のキャッシュバック

ソフトバンクのスマホ料金が月額1,000円割引

36ヶ月の総額料金

125,160

121,800

ソフトバンクエアーの総額料金は、ソフトバンクのスマホ料金の割引を含めて計算しています。

こうして両者を比較してみますと、同じデータ容量無制限のWi-Fiサービスでありながら、ソフトバンクエアーの方がやや安いシミュレーション結果となりました。

ただし、ソフトバンクエアーの「おうち光割セット」で月額1,000円の割引が受けられるのは、データ定額50GBプラス/ミニモンスター、データ定額50205GBのプランを契約しているケースのみとなっています。

ガラケーのデータ定額プランを契約している場合、割引額は最大で月額500円となりますし、「スマホデビュープラン」等の基本使用料が安いプランを契約している場合にはサービスの適用対象外となり、WiMAXを契約した方が安くなることを覚えておきましょう。

まとめ

モバイルルーターを使う場合、ソフトバンクのPocket WiFiを使うよりWiMAXを使ったほうがはるかにお得ですし、自宅用の固定回線とてモバイルWi-Fiを使う場合も、特定のケースを除いて、ソフトバンクエアーを利用するよりもWiMAXのホームルーターの方が簡単でお得に使えます。

WiMAXauの系列会社がサービス提供をしていることもあって、ソフトバンクユーザーは使いにくいイメージがありますが、実際のところはソフトバンクユーザーもお得に利用できるようになっています。

■関連記事

WiMAXってどうなの? WiMAXの評判や口コミを調査 WiMAXのルーターは『W06』が鉄板! 定番WiMAXルーターの『W05』と比較