LINEモバイルはデータプレゼントを上手に活用するのがおすすめ! やり方や注意点を解説

料金の安さにメリットがある格安スマホ。通信費やデータ通信量を気にする人にとっては、有益な選択肢となっています。3大キャリア(docomo、au、Softbank)からの乗り換えを検討している人も多いでしょう。

そんな格安スマホの1つでもある「LINEモバイル」。LINEモバイルでは、「データプレゼント」を活用することができ、データ通信量が足りない時でも友達同士で助け合うことができます。

今回はLINEモバイルのデータモバイルについてやり方や注意点などをまとめていきます。

LINEモバイルのデータプレゼントとは?

LINEモバイルが実施しているデータプレゼントは、友達同士でデータ通信量を送り合うことができるサービスです。

スマホを使っていると、ついついデータ通信量が契約した分をオーバーしてしまうことがあるのでは? 契約したデータ通信量以上を利用してしまうと、通信速度が低下してしまい利便性が大幅に減少してしまいます。

地図アプリを閲覧したり、急にネットで調べる必要がある場合など、通信速度が遅いとかなり不便になってしまうでしょう。そんなときにデータプレゼントを利用すれば、友達同士でデータをシェアして、助け合うことができます。

データプレゼントの使い方

データプレゼントの具体的な使い方について解説していきます。

まず、データプレゼントが行える対象についてですが、これにはLINE内での「友だち追加」と「利用者連携」が必要となります。

友だち追加」についてはわかりやすいですが、「利用者連携」については聞きなれないかもしれません。これは、LINEのマイページ内にある「契約者情報」から「利用コード」を確認し、アカウントメニューから「利用者連携」を選択。そこで「利用コード」を入力することでできます。設定が終わればデータプレゼントを利用できるようになります。

データプレゼントが行えるのは、この設定を行なったユーザー同士であれば誰でも可能です。つまり家族以外でも、友だちなどとデータプレゼントが利用できます。友だち同士などで助け合いながら、上手にデータ通信量を利用していきましょう。

データプレゼントで送れるデータ通信量

データプレゼントで送れるデータ通信量は

  • 500MB
  • 1000MB
  • 1500MB
  • 2000MB
  • 2500MB

となっています。

100MBのような細かいデータ通信量を送ることができないので注意しましょう。

データプレゼントの注意点

データプレゼントを利用する上での注意点を見ていきましょう。この注意点を理解しておかないと上手に活用できません。

もらったデータは繰り越せない

LINEモバイルでは、契約によって利用できるデータ通信量のうち、当月内で使い切らなかった分に関しては、翌月に繰り越すことができます。

しかし、データプレゼントでもらったデータ通信量に関しては、翌月に繰り越すことはできません

そのため、無計画に1000MBをプレゼントとしたとしても、送られた方がほとんど使わなければ、そのデータ通信量は無駄になってしまいます。データプレゼントでは、送れるデータ通信量が500MBからとなっているので、ちょっとしたことで安易にデータプレゼントを利用するのは少し難しくなってしまいます。

また、コミュニケーションフリーなどのサービスもあるので、それがあるのにデータプレゼントをもらおうとするのは無駄になります。

もらったデータ通信量はプレゼントできない

データプレゼントによってもらったデータ通信量については、それをまたデータプレゼントとして送ることはできません。

データプレゼントで送ることができるのは「自分が契約しているデータ通信量のうち当月分の残量のみ」と定められています。

つまり、データプレゼントによって、データ通信量を回すことはできませんし、自分が繰り越したデータについてもプレゼントすることはできません。

au回線では利用できない

2019年4月時点において、au回線でLINEモバイルを利用しているユーザーに関しては、データプレゼントを利用することができなくなっています。この症状は現在も解決されていないため注意が必要です。

まとめ

格安スマホでは、料金が安いことに加えて、いかにデータをシェアできるかという部分でもサービスの競争が行われています。LINEモバイルでは、ユーザー同士ならデータプレゼントが利用できるようになっています。

送れるデータの量などに若干の注意点はありますが、上手に使えば友だち同士で助け合うことも可能です。家族で使うなら、1人が通信量の多いプランを契約して、残りをデータプレゼントでまかなうということも可能です。

LINEモバイルのデータプレゼント、ぜひ活用してみてください。

■関連記事

LINEモバイルの意外なデメリットとデータ繰り越し時の注意点