LINEモバイルに端末保証はある? 対象機種は?

スマホを落としてしまったらどうしよう? 買ったばかりなのに故障したときはどうすれば良いの? と不安になることはありませんか?

LINEモバイルに乗り換えを検討しているけど、きちんと端末保証をしてくれるのかは、とても気になるところではないでしょうか。

結論としては、LINEモバイルで端末保証サービスを提供中です。しっかりと保証が付けられますので安心してください。

そこで今回は、LINEモバイルで提供している端末保証サービスの内容と、対象機種はどうなっているのかを解説していきます。

LINEモバイルで機器を購入したときの端末保証

LINEモバイルに新規、MNP転入で申し込みをし、同時に端末も購入したときの端末保証は以下のとおりです。

LINEモバイルの端末保証サービスは、故障、水濡れ、破損が発生した場合、端末交換・修理代金で該当機種への交換となっています。料金ですが、初月は無料、2カ月目から月450円が掛かります。1台目の交換には5,000円、2台目以降は8,000円かかります。

端末を購入申し込みでオプションを選択するとき「端末保証」オプションにチェックを入れてください。

契約後に加入はできませんので、申し込み時に加入しておくのがベスト。忘れていたので、あとから申し込もうと思っていてもできないため、注意しましょう。

なお、日割り計算ではなく月額満額となります。その辺も考え、契約日や解約日を決めるのがおすすめです。

故障してしまったときは、「LINEモバイル 端末保証受付センター(0120-866-919)」へ連絡します。18時までに受付が済んだ場合は当日発送が可能です。

交換用の端末が届いたあとは、SIMカードを差し替えるだけで使えます。交換端末と一緒に届く返送キットに故障した端末を入れて、送れば完了です。

他社で機器を購入したときの持込端末保証

今度は端末は他社で購入したときの保証サービスについて見ていきましょう。

LINEモバイル以外で端末を購入した場合も、LINEモバイルで保証してくれます。その場合「端末保証」ではなく「持込端末保証」です。

対象機種はAndroid端末とiOS端末の両方で対象となっています。

料金面ですが、月額料金が初月無料で2カ月目から月500円が掛かります。交換費用は1台目が4,000円、2台目以降は8,000円。なお、保証上限は50,000円となっています

持込端末保証」申し込みをしてすぐに、IMEI登録をしてください。

IMEI登録をする前に、携帯が故障してしまった場合は、月額料金を支払っていても、補償対象外となります。

「端末保証」では IMEI登録は必要ありませんが、「持込端末保証」は必須のため、端末を持込で申し込みをする場合は注意しましょう。

iOS端末は修理のみで、交換はありません。android端末は交換か修理の両方があり、診断によって決定されます。

端末保証・持込端末保証の注意事項

「端末保証」と「持込端末保証」で、注意しておきたいポイントを見ていきましょう。

「端末保証」と「持込端末保証」では異なる条件設定あり

「端末保証」では一律、契約成立日から3年間の保証ですが、「持込端末保証」は自然故障の場合がメーカー発売日から3年間となっています。

メーカー発売日が3年以上前で、自然故障の場合は保証されません。落下や水濡れなどの場合はオプションを解約するまでは保証されます。

対象機種での注意点

Wi-Fiが使える場所でのみ使用可能な端末は保証対象外のため、乗り換えのときは注意してください。通常の端末より安いからと購入していたら、念のためにWi-Fiモデルの端末かどうか確認しておきましょう。

iOS端末が故障したときの注意点

iOS端末が故障し、端末を返送するときは、「iPhoneを探す」機能をオフにして、故障端末を初期化をしてください。

データバックアップについて

修理や交換に出すときは、中のデータをバックアップしてからにしましょう。一番簡単な方法はもう1枚のSIMカードを挿入し、本SIMデータから移してしまう方法です。

しかし、それができない機種もあります。その場合はGoogleドライブを使いましょう。写真が数枚、動画が数本、連絡先データなど、少ない容量の場合は、Googleドライブと同期するだけですぐにバックアップできます。

日頃から、定期的にバックアップしておくと楽ですし、機種によっては自動でバックアップできる機能が付いているので、その機能があると非常に楽です。

しかし、写真が何百枚もある場合は、少し手間がかかります。その場合は、パソコンを持っているなら、パソコンとつなげて、一気に移動させるのがおすすめです。USBコードさえあれば、パソコンとスマホを簡単につなげられるので、とくにややこしい設定などは要りません。

まとめ

LINEモバイルの「端末保証」と「持込端末保証」についてと、対象機種や注意点を紹介しました。それぞれ申し込み種類によって、注意点が違うため、申し込みをする前に、しっかりと確認しておきましょう。

端末が落下して、故障してしまうというのは、誰しもが経験する非常に多いケースです。とくにコンパクトで軽量化が進むため、落下は防ぐのが難しいのではないでしょうか。そのためにも、「端末保証」や「持込端末保証」のオプションサービスに申し込み、万全の保証を付けておきましょう。