LINEモバイルのデータSIMはおすすめ? 注意点は?

LINEモバイルには3種類のプランがありますが、そのなかにデータSIMというワードが出てきます。

各プランにあるデータSIMが、具体的にはどういうサービスなのか、ご存じない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、LINEモバイルのデータSIMを詳しく説明します。どういうときに使えばよいのか、特徴や注意点などを確認してみましょう。

LINEモバイルのデータSIMの特徴

わかりやすくいうと、データSIMとは通話ができない・通信回線のみ、となっているSIMカードのことです。

SNS、インターネット、YouTubeなどの動画視聴、アプリなどを利用するときは、通信回線を使います。そして、これらのサービスで通信回線を使う際はデータSIMタイプのSIMカードが必要です。

データSIMタイプのSIMカードをスマホに入れることで、通信回線が使えるようになりますが、通話はできません通信回線と通話の両方を必要とする人は、音声通話SIMタイプのSIMカードを選ぶ必要があります。

要するに、電話もできるデータSIMSIMカード)か、電話は使えない音声通話SIMSIMカード)かの2になるということです。

データSIMにはもう1つの別な種類、SMS付きタイプがあります。

SMSというのはショートメッセージサービスのことで、電話回線を介し、電話番号同士で短いメッセージを送り合うシステムです。相手がインターネットの経験がなく、通話しかできないガラケーを持っている場合、このSMSが大活躍します。

たとえば遠く離れた祖父母にお礼のメッセージを伝えたいのに、EメールやLINETwitterなどがまったく使えない状況のとき、SMSがあればメッセージがやり取りできるので重宝します。データSIMSMS付きというのは、通信回線とSMSの機能は使えるけど、通話はできないSIMカードになります。通話ができるSIMカードは、音声通話SIMだけです。

SMSさえ使えれば通話がなくても問題ない場合は、SMS付きのデータSIMでもよいかもしれません。

LINEモバイルのデータSIMなら大容量でも格安!

LINEモバイル以外の格安SIMサービスでも、データSIMサービスを展開しています。しかし、そのなかでもデータSIMの料金に関しては、LINEモバイルが頭一つ飛び出ている感じです。

それはデータSIM1GBをワンコイン(500)で提供という、低価格にあります。

月々たったワンコインでスマホが持てるというのは、驚愕の設定価格です。

これなら、月々の通信費はかなりの節約です。

1GBでは足りない人に、コミュニケーションフリープランのデータSIMがあります。

35710GBとなっていて、指定したSNSはデータ通信容量を消費しないため、そのほかのサービスを思う存分利用できて安心です。

毎日のようにInstagramをやるのであれば、Instagramの画像・動画投稿やアクティビティ使用時、タイムライン、ダイレクトメッセージが使い放題となります。これらの通信容量は一切消費しませんので、残りの10GBYouTubeU-NEXTの視聴に使ったり、容量の大きいゲームアプリに回せるのが魅力的です。

データSIMのみは注意! 緊急通報番号には掛けられない!

毎月の通信費がとても安くなるので、大変魅力的なデータSIMですが、問題点が1つあります。

実は通話自体は、LINEの通話機能を使えば相手と会話ができるので、問題ありません。しかし、緊急通報番号にはかけられないというのが問題です。

110番や119番などの緊急連絡番号は、音声通話SIMではないとかけられません。

日常、生活しているとき、110番や119番に緊急で連絡する場面は、そうそう出てきません。しかし、一緒に行動している大事な友達や家族が、事故やケガに遭遇し、近くに公衆電話がなかったとしたらどうでしょう?

連絡が遅れたことで、助けられなかったという事態があるかもしれません。いろいろなケースを想定し、音声通話SIMを用意しておくことも大切です。緊急連絡が入るかもしれませんし、こちらから掛けなければ通話料金は掛からないので、なるべくなら音声通話SIMを申し込んだ方がよいでしょう。

まとめ

LINEモバイルのデータSIMについて解説しました。音声通話SIMが入ったスマホは1台は持ち歩くことが大切です。そう考えたとき、2台目を持つなら、データSIMを持つのが良いのではないでしょうか。

安心してスマホを使うためにも、なるべく音声通話SIMを利用し、サブでデータSIMを検討してみてください。