LINEモバイルを軸に6つの格安SIMキャリアの通話料を比較!

3大キャリア(docomoauSoftbank)から格安SIMサービスへ乗り換えると、月額料金の節約が期待できます。しかし、格安SIMへ乗り換えするときに注意したいのが、音声通話SIM通話料です。

音声通話SIMでは、30秒につき20の通話料が発生するのが一般的。当記事では、注目度急上昇中のLINEモバイルを中心に6つのサービスの通話料を比較します。LINEモバイルへの乗り換えを検討している、格安SIMの通話料はどれぐらい? という方は要チェックです!

6つの格安SIMサービスの通話料を一挙に紹介

まずはワイモバイル、UQモバイル、mineoIIJmio、そして、LINEモバイルと、主要な格安SIM会社の通話料をみてみましょう。

ワイモバイルの通話料

ワイモバイルは比較的安い月額基本料金が魅力ですが、初月と14ヶ月以降は高くなります。しかし、3つの料金プランともに、10分間の国内通話かけ放題が付いているのが魅力。

通常30秒につき20円の通話料ですが、10分以内の通話なら何度でも無料になります。

UQモバイルの通話料

CMで知名度が高いUQモバイルですが、14か月以降は月額基本料金1,000円高くなるのが難点です。しかし、各料金プランに5分間の国内通話かけ放題(おしゃべりプラン)が付いています。

通常30秒につき20円の通話料が、5分以内の通話なら何度でも無料です。5分以上通話する回数が多い方は、無料通話最大60/月、120/月、180/月になる、ぴったりプランを選ぶことが可能。

mineoの通話料

mineoの国内通話料は30秒につき20円ですが、10分間のかけ放題プランが付けられます。ただし、10分間のかけ放題プランは、mineoでんわ」アプリからの通話が対象です。

ほかにも通話定額30(月間30分間の通話が定額)、通話定額60(月間60分間の通話が定額)のオプションがあります。

IIJmioの通話料

IIJmioの国内通話は30秒につき20円の通話料ですが、次のかけ放題プランが付けられます。

  • 誰とでも3分以内でかけ放題、家族なら10分以内でかけ放題
  • 誰とでも10分以内でかけ放題、家族なら30分以内でかけ放題

上記のかけ放題プランは、みおふぉんダイアルアプリによる通話が対象となります。

LINEモバイルの通話料

LINEモバイルは国内通話30秒につき20円の通話料が必要ですが、10分間のかけ放題プランが付けられます。なお、10分間のかけ放題プランは、いつでも電話アプリによる通話が対象

各社の通話料金をまとめると……

次にワイモバイル、UQモバイル、mineoIIJmioLINEモバイルの比較表を掲載しておきます。

サービス名

通常の通話料

音声通話料金プラン(3GB

かけ放題プラン

ワイモバイル

30秒につき20

1,980円(※1

10分間(月額基本料金込み)

UQモバイル

30秒につき20

1,980円(※2

5分間(月額基本料金込み)

mineo

30秒につき20円(通話アプリで半額)

1,510円(auプラン)

10分間(月額850円)

IIJmio

30秒につき20円(通話アプリで半額)

1,600

3分間・家族10分間(月額600円)、

10分間・家族30分間(月額830円)

LINEモバイル

30秒につき20円(通話アプリで半額)

1,690円(コミュニケーションフリー)

10分間(月額880円)

ワイモバイルとUQモバイルでは、通話料込みの音声通話料金プランを用意しています。

mineoIIJmioLINEモバイルは、月額料金を支払し、かけ放題をオプションとして付けるタイプです。

10分間の通話が無料、というオプション料金はこの中では最も高いことがわかります。ただ、「いつでも電話」アプリを使っての通話機会を増やせれば、オプションはつけなくても問題ないかと思います。

逆に、仕事などで通話する機会が多い、また「いつでも電話」アプリを使いづらいというシチュエーションの場合は、かけ放題プランのオプションをつけたほうがいいでしょう。もしくは、そもそもほかのキャリアも視野に入れる、というほうがいいかもしれません。

まとめ

このように料金を比較すると、LINEモバイルは通話はほとんどしない、もしくは仕事で使わない、という場合には最適ですが、通話を頻繁にするということだと、あまりおすすめできないと言わざるを得ません。

LINETwitterFacebookInstagramLINE MUSIC使用時にデータ通信量を使用しない「データフリー」はとても魅力的ではありますが、ご自身の通話状況を鑑みてみることを一度おすすめしておきます。