LINEモバイルの超魅力的システム“カウントフリー”でスマホ代を劇的に節約!

スマートフォンでLINETwitter、またYouTubeを使いたいけど、通信料が心配、という方が多いのではないでしょうか。しかし通信量の多いプランにすると、どうしても月額料金が高くなってしまいます。

そこでおすすめなのが、LINEモバイル。こちらのカウントフリーというシステムは、LINEでの通話やトーク、InstagramTwitterなどの通信料をカウントしない、つまり契約している通信量を消費することなく、これらのサービスを利用できる機能があるのです。今回はそのカウントフリーを掘り下げて紹介します。

LINEモバイルカウントフリー概要

LINEモバイルのカウントフリーには、様々なプランがあります。それぞれのプランに、カウントフリーとなるサービスが異なります。

LINEフリー

  • 月額500
  • 対象サービスLINE
  • 月間データ容量 1GB

スマートフォンを持つ目的は、LINEで連絡がとれる程度で問題ないという方におすすめのプラン。LINEアプリの通話、またトークでのデータ消費はカウントフリーになります。

コミュニケーションフリー

  • 月額1,110円~
  • 対象サービス LINETwitteFacebookInstagram
  • 月間データ容量 3GB5GB7GB10GB  

LINEだけでなく、上記のSNSをよく使う、またそこに写真や動画をよくアップするという場合におすすめです。これらのSNS以外にほとんど使わないのであれば少ないデータ容量を、さらにYouTubeなど他にもデータ通信を多用するのであれば10GB、という選び方をするとよいでしょう。

MUSICプラス

  • 月額 1,810円~
  • 対象サービス LINETwitteFacebookInstagramLINE MUSIC
  • 月間データ容量 3GB5GB7GB10GB 

様々なSNSの他に、LINE MUSICをよく利用するのならこちらがおすすめ。選び方に関しては、コミュニケーションフリーと同じです。

以上のように、ひとくちにカウントフリーといっても対象が異なっています。自分にあったプランをしっかり見極めることで、月額料金を安くすることができます。

LINEモバイルカウントフリーのデメリット

特にLINESNSをよく利用するユーザーにとって、メリットの大きいLINEモバイルカウントフリーですが、デメリットもあります。そのデメリットも把握した上で、LINEモバイルカウントフリーを使うようにしましょう。

電話を多く使う場合は不向き

LINEモバイルには、月額880で何度でも誰とでも10分以内の通話であればかけ放題のプランがあります。しかし10分以上通話をよくする人にとっては、かえっていわゆる3大キャリア(docomoauSoftbank)よりも料金が高くなってしまうことがあります。

ショップがない

3大キャリア、またヤフーモバイルなどとは異なり、LINEモバイルにはショップがありません。そのため、WEB上で購入することになるのですが、これまでショップで携帯を購入してきた人にとっては不安、というのがデメリットして挙げられるでしょう。

TikTokなど他のアプリもよく使う

最近では、TikTokWearなど人気のアプリが多くあります。これらのアプリには対応していないため、スマートフォンのヘビーユーザーには不向きになる場合があります。

YouTubeをよく視聴する

YouTubeLINEモバイルカウントフリーには含まれていないので、頻繁に視聴するという場合だと最大データ量10GBでも足りない、という自体が出てきがちです。

まとめ

LINETwitterFacebookInstagramLINE MUSICをよく使う場合、いずれかのカウントフリーコースを選べば、間違いなく通信費の節約になることはここまでの紹介でご理解いただけたかと思います。

ちなみに、カウントフリー対象サービスであれば、スマホのアプリだけでなく、WEBブラウザを使ってもカウントフリー対象になります。外ではアプリ、自宅ではテザリングでパソコンを使う、という場合にも大きなメリットとなるサービスです。

SNSを楽しんでいる方ならば、LINEモバイルへの乗り換えの検討はマスト! と断言できます。