WiMAXは固定回線代わりになる? 利用時の注意点やおすすめのプラン・機種を紹介!

WiMAXは手軽にWi-Fiが導入できるということもあり、自宅の固定回線代わりに利用しようと考えている方も多いでしょう。そして、公式プロパイダであるUQ WiMAXでも固定回線代わりに使えることをアピールしています。

はたして、WiMAXは光インターネットのように固定回線として使えるのでしょうか。

固定回線として使う場合の注意点やおすすめのプラン・機種を紹介していきます。

WiMAXは固定回線代わりになる?

結論から申し上げますと、WiMAXは十分に固定回線の代わりになりますし、使い方次第ではブロードバンド回線を契約するよりも快適Wi-Fiが利用できます。

光インターネット等のブロードバンド回線を自宅に設置する場合、申し込みをしてから実際にネットが使えるようになるまで2週間から1ヶ月程度かかりますし、立会いの工事が必要不可欠な上に業者を部屋に上げる必要があります。

一方でWiMAXの場合、最短で申し込み当日からWiMAXが使えますし、工事も不要なので楽にWi-Fiの導入ができます。

モデムとルーターをLANケーブルで繋ぐ必要がないので、配線周りがスッキリしますし、引っ越しの際の工事や特別な手続きなども不要なので、一人暮らしの学生や単身赴任中のアパート・マンションでの固定回線としてベストの選択といっても過言ではないのです。

なお一昔前であれば、WiMAXは室内では通信が不安定になることがありましたが、現在では端末が進化し、多くの機種で高性能アンテナを搭載しています。

高性能アンテナのおかげで、室内でも安定した通信が可能となっているので、鉄筋コンクリート造のアパート・マンションでも安定した通信ができます。

おすすめのプランは?

固定回線代わりに使うのであれば、データ容量無制限で高速通信ができる「ギガ放題」というプランがおすすめです。

モバイル回線を利用したWi-Fiサービスの場合、一ヶ月あたりに利用できるデータ容量が決められているケースが多いのですが、WiMAXの「ギガ放題」であればデータ容量を気にせずWi-Fiが使えるので、自宅で安心してネット動画の視聴などができます。

おすすめの機種は?

WiMAXといえば持ち運びができるモバイルルーターが有名ですが、実は据え置きタイプのホームルーターの取り扱いもあります。

ホームルーターはバッテリーを搭載していなので持ち運びこそできませんが、高性能アンテナを搭載していて、室内でも抜群の通信安定性を誇ります。

自宅の固定回線として使うのであれば、モバイルルーターではなくホームルーターを選ぶのがおすすめです。

なお、20196月時点で特におすすめなのが、『Speed Wi-Fi HOME L02』というホームルーターです。

Speed Wi-Fi HOME L02の特徴・メリットですが、次のような点が挙げられます。

  • ギガスピード通信に対応(下りの最大速度が1.0Gbps
  • 4本の高性能アンテナを4方向に搭載(全方位をカバーするので、従来機種よりもつながりやすい)
  • Wi-Fi TXビームフォーミングを搭載(従来機種よりも30%受信速度がアップ)
  • 最大40台の端末を同時接続できる
  • 専用のスマホアプリで簡単にセットアップできる

Speed Wi-Fi HOME L02は現時点では自宅でWiMAXを使うための最適な機種といえますし、主要なプロバイダでは契約時に0円で入手できるので、こちらが一番のおすすめです。

固定回線代わりに使う祭の注意点

速度制限がかかることがある

固定回線代わりにWiMAXを使う際に一番気をつけなければならないのが、速度制限です。

ギガ放題」を契約すればデータ容量無制限で高速通信ができますが、使い方によっては速度制限がかかることがあるのです。

速度制限がかかる要件ですが、

  • 直近の3日間でのデータ容量が10GBを超えた場合、翌日の18時~26時まで通信速度が下り最大1Mbps前後になる

とされています。

1Mbpsの速度があれば簡単なブラウジングやLINEのメッセージの送受信、無料通話などは問題なくできるので、普段使いには特に支障はありません。

スマホの速度制限と比較すると圧倒的に優しい制限なのですが、高画質動画の再生や大容量アプリのダウンロード、ネットゲームなどはし難くなってしまうので、18時以降の時間帯にネット動画やネットゲームなどをすることが多い場合には注意が必要です。

設置場所に注意

WiMAXは窓際など電波をキャッチしやすい場所では比較的安定してWi-Fiが使えますが、室内の奥のほうなどでは通信が不安定になることがあります。

ある程度置き場所が制限されてしまうことをあらかじめ理解しておきましょう。

またホームルーターはコンセントが必要なため、設置を考えている部屋の窓際にコンセントがあるかどうかを事前に確認しておきましょう。

まとめ

WiMAXは手軽に導入ができますし、特に一人暮らしの方向けの固定回線として最適な選択肢の一つと考えられます。

ホームルーターを選べば室内でも安定した通信ができるので、これから自宅にWi-Fiを導入しようと考えている場合、WiMAXを検討してみてはいかがでしょうか。