LINEモバイルはWi-Fiオプションを使ったデータ通信量の節約がおすすめ!

キャリアスマホから格安スマホに乗り換える理由の多くは「料金の安さ」があげられるでしょう。通常、スマホの料金は月々のデータ通信量を基準に決まってくるので、より少ないデータ通信量の料金プランを選択すれば、かなりの低料金にできます。

しかし、データ通信量の少ないプランの場合、普段の使い方には気を遣わなければなりません。できるだけデータ通信量を節約して、快適かつ低料金でスマホを使いましょう。

今回はそんなデータ通信量の節約にぴったりなLINEモバイルの「Wi-Fiオプション」を紹介します。

データ通信量の少ないプランは安いけど管理が大変

格安スマホでデータ通信量の少ない料金プランを利用すると、月々の料金はかなり抑えることができます。キャリアスマホとは比べ物にならないほどの低料金でスマホを利用できるのが最大の特徴です。

LINEモバイルでは、月1GBのプランから用意されており、音声通話SIMプランで「1,200円」となっています。端末価格を月2,000円で分割払いしたとしても、月額料金は約3,000円とかなりお得にできます。

ただ、月1GBというデータ通信量でできることは限られてきます。YouTubeなどで動画を視聴すればあっという間に使い切ってしまうでしょう。安いこと自体は魅力ですが、それによって利便性を失ってしまうというのは、少し物足りないかもしれません。

料金の安さと天秤に掛けて、そういった部分は選択をしなければなりません。

LINEモバイルのWi-Fiオプションでデータ通信量を節約

LINEモバイルでは、追加オプションの1つとして、「Wi-Fiオプション」が提供されています。

こちらのサービスは、カフェや駅といった全国約4万9000ヶ所のスポットで利用できる公衆無線LANサービスとなっています。外出先で動画の視聴や地図アプリの閲覧などもこちらで行えるようになり、データ通信量を節約できます。

SECURED Wi-FI」という文字が描かれたステッカーが貼ってある場所で利用することができ、スマホを使ってWi-Fiスポットがある場所を検索することもできます。

LINEモバイルの「Wi-Fiオプション」の料金や使える店舗は?

LINEモバイルの「Wi-Fiオプション」は、月額200円で利用できます。また、初めての加入であれば、最大2ヶ月間無料で利用可能です。

LINEモバイルの音声通話SIMの1GBプランの料金が1,200円で、3GBプランが1,690円となっているので、屋外でより多くのデータ通信を行う人にとっては、こちらのオプションを利用するほうが、月額料金を低くすることができるでしょう。

「Wi-Fiオプション」が使えるお店としては、

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • スターバックス
  • タリーズコーヒー
  • モスバーガー
  • デニーズ
  • ロッテリア

などがあります。

全国各地のお店や施設で利用可能となっており、契約しているスマホだけではなく、タブレットやパソコンでもWi-Fi通信が利用できます

光回線とWi-Fiオプションの併用がおすすめ

Wi-Fiオプションについて詳しく理解できたと思います。ここからはおすすめの使い方について解説します。

この使い方は、家でパソコンもスマホも利用するという方で、かつインターネットを頻繁に利用する人に当てはまります。

その方法とは、LINEモバイルのWi-Fiオプションと光回線の併用です。

家の中では、光回線を使ってパソコンなどでインターネットを利用します。その上で、無線ホームルーターに対応しているサービスであれば、その回線を利用してスマホのデータ通信ができます。

さらに、外出先のデータ通信は「Wi-Fiオプション」を利用するという形にします。

光回線の場合、月々のデータ通信量が無制限となっているプランも多いので、家の中では思う存分動画などを楽しめますし、屋外では充実したWi-Fiサービスを利用できます。

ここに、LINEモバイルの最も安い1GBプランを選択すれば、月々の通信費をかなり抑えながらも、快適なネット環境が手に入ります。

データ通信の利用状況によって、通信環境の最適な形はそれぞれ異なりますが、家でも外でも快適かつ大量にデータ通信がしたいという人におすすめです。

まとめ

LINEモバイルの「Wi-Fiオプション」についてまとめました。データ通信量が多い人は、料金の節約のために選択肢の1つとして頭に入れておくといいでしょう。

スマホを使っているとなにかと気になるデータ通信量ですが、LINEモバイルならオプションを使って節約できます。