スマホ月300円って本当?人気のLINEモバイルの料金プランを解説!

スマホ代月300円」という大胆なCMで注目を集めた、LINEモバイル。これが本当なら他にない圧倒的な安さとなります。ただ、さすがに300円はいくらなんでも大げさに感じてしまいます。少なくとも何らかの条件や料金プランを確認する必要があるでしょう。

LINEモバイルの料金プランやサービス内容はどのようになっているのか。今回の記事では、LINEモバイルの料金について解説します。

LINEモバイルの「スマホ月300円」って?

まずは、LINEモバイルで気になる「スマホ月300円」という文言を確認しておきましょう。重要なのは「どのような内容のプラン」で「どのような条件を満たした」場合に料金が300円となるのかです。

LINEモバイルが打ち出しているスマホ基本料300円の詳細について見ていきましょう。

こちらのキャンペーンが適用される料金プランは音声通話SIMに限定されます。データ容量は「1GB」or「3GB」となっており、通常時1GB1,200円、3GB1,690円が、2〜4ヶ月目に限って300円となります。(※初月は900円の割引、2~4ヶ月目が1,390円の割引)

これは、料金が300円になるキャンペーンではなく、あくまで割引キャンペーンになります。そのため300円になるのが、1 or 3GBプランのみとなり、それ以外のプランに関しては、同等の割引が適用されます。

つまり、料金プランが限定されており、かつ期間限定のキャンペーンであることがわかります。もちろん安くなるのは事実ではありますが、こういった継続的に料金を支払うサービスの場合、トータルでの支出を見て比較する必要があります。

そのため、LINEモバイル「月300円」と聞いて、詳細を確認した上で、安い!! と惹かれてしまうのは早計です。トータルで考えたときに、他の格安スマホの方が安い可能性があります。

LINEモバイルの料金プランをチェック!

ここからはLINEモバイルの料金プランをチェックしていきましょう。データ容量や音声通話などから、どれぐらいの料金となるのか。キャリアスマホの料金が高いと感じているなら、こちらをチェックしてみましょう。

LINEモバイルには、「データSIM」と「音声通話SIM」の2種類があります。違いとしては、電話ができるかどうかです。LINEで充分という人はデータSIMでもいいでしょう。

そして、データ容量は1,3,5,7,10GBの5種類があります。

それぞれの料金プランは以下の表から確認してください。

データ容量

データSIM

音声通話SIM

1GB

620円

1,200円

3GB

1,100円

1,690円

5GB

1,640円

2,220円

7GB

2,300円

2,880円

10GB

2,640円

3,220円

格安スマホとしてはスタンダードな料金設定となっています。

少なくともキャリアスマホと比較すれば、圧倒的に安いことがわかります。

LINEモバイルのサービス内容をチェック!

料金プランの次にサービス内容を確認していきましょう。LINEモバイルでは、指定のサービスに限って、データ容量が消費されない「フリーサービスを実施しています。

データ容量が消費されないので、使いすぎたとしても通信速度が低下することもなくなります。

コミュニケーションフリー

LINEモバイルでは、3GB以上の料金プランに関して「コミュニケーションフリー」というのが自動的に適用されます。

これはコミュニケーション系サービス

  • LINE
  • Twitter
  • facebook
  • Instagram

データ消費がフリーとなります。

TwitterやInstagramの場合、画像や動画などを多く閲覧することもあるので、こういったサービスがあると非常に便利です。

ちなみに1GBプランの場合はLINEのみがフリーになる「LINEフリー」が適用されます。

MUSIC+フリー

こちらは通常の料金に追加料金を支払うことで「LINE MUSIC」と「コミュニケーション系サービス」のデータ消費がフリーなります。

どれだけ音楽を聞いてもデータ容量が消費されないプランとなっており、音楽を楽しみたい人向けのプランとなっています。

まとめ

LINEモバイルの料金プランやサービス内容をまとめていきました。料金自体は格安スマホらしい安さを提供しています。そこからさらにコミュニケーション系サービスのデータ消費がフリーになるサービスを実施しているので、これらのアプリを多く使う人にはぴったりでしょう。