IIJmioでは解約金が発生する? 解約金が発生するパターンや注意点を解説!

携帯キャリアでは契約更新月以外の月に解約やMNP制度を利用して他社に乗り換えをすると、違約金が発生してしまいますし、契約内容によっては多額の違約金が請求されることもあります。

格安SIM3大キャリア(docomoauSoftbank)と比較して違約金の発生条件などが緩いイメージがありますが、大手格安SIM会社の一つであるIIJmioではどうなっているのでしょうか。詳細を確認していきましょう。

IIJmioで解約金が発生するパターンと発生しないパターン

IIJmioでは契約しているSIMの種別や利用期間によって、解約金が発生するパターンと発生しないパターンに分けられます。

それぞれのパターンを確認していきましょう。

解約金が発生しないパターン

  • データ通信専用SIMを解約する場合
  • SMS機能付きデータSIMを解約する場合
  • 利用開始から13ヶ月目以降に音声通話SIMを解約する場合

データSIMSMS機能付きデータSIMには最低利用期間が設定されていないため、いつでも解約金無しで解約ができます

また音声通話SIMを解約する場合でも、大手携帯キャリアのプランのように自動更新付きの契約の縛りがあるわけではなく、12ヶ月間の最低利用期間を経過した後であれば、いつでも違約金なしで解約ができます

解約金が発生するパターン

利用開始から12ヶ月以内に解約・MNP転出をする場合

IIJmioで唯一解約金が発生するパターンがこれです。

IIJmioでは音声通話SIM12ヶ月間の最低利用期間が設定されていて、契約から12ヶ月を経過する前に解約した場合のみ、解約金が発生します。

なお解約金の金額ですが、利用期間によって金額が変わる仕組みで、

12ヶ月-利用開始月を0ヶ月目とした利用月)×1,000

という計算式で計算をします。

なお仮に20194月に音声通話SIMを契約した場合、解約金の金額の推移は次のようになります。

20194月に契約した場合の解約金の推移(税別)

20194月に解約

12,000

20195月に解約

11,000

20196月に解約

10,000

20197月に解約

9,000

20198月に解約

8,000

20199月に解約

7,000

201910月に解約

6,000

201911月に解約

5,000

201912月に解約

4,000

20201月に解約

3,000

20202月に解約

2,000

20203月に解約

1,000

20204月以降に解約

0

短期でのMNPは高額のMNP転出手数料がかかる?

格安SIM会社によっては新規契約から短期間で他社にMNP転出をする場合、多額のMNP転出手数料がかかることがあります。

IIJmioでもMNP転出で他社に乗り換えをする場合にはMNP転出手数料がかかりますが、手数料は一律で3,000円+税となっているので、短期間で乗り換えをしたからと言って高額のMNP転出手数料が請求されることはありません。

ただし、利用開始から12ヶ月以内にMNP転出をする場合にはMNP転出手数料と解約金がダブルで請求されるので、大きな出費となります。

例えば20194月に音声通話SIMを契約して、20199月にMNP転出で他社に乗り換えをする場合、解約金とMNP転出手数料を合わせて10,000円+税の手数料が請求されることとなります。

端末をセット購入している場合には端末料金にも注意!

IIJmioでは通話SIMとセットでお得にSIMフリースマホが購入できるため、契約時にセットで端末を購入するケースも多くなっています。

一括支払いで端末を購入した場合は特に問題ありませんが、24回払いの分割支払いで購入した場合、端末の割賦代金の支払いが完了する前に解約をすると、端末代金の残債を一括支払いで請求される点が注意点として挙げられます。

24回払いでの購入は便利ではありますが、一括支払いで購入するよりも端末の購入金額が高くなってしまいますし、解約時にこうしたトラブルが生じる危険性もあります。

SIMと端末をセットで購入する場合にはできる限り一括支払いで購入することをおすすめします。

IIJmioの解約方法

IIJmioWEBから解約手続きが行なえます。

会員専用ページにログインした後、「サービスのご解約」を選択し、画面の案内に従って、手続きを進めていくことで解約ができます。

なお解約手続きを行った場合でもすぐには解約とならず、「解約予約状態」となります。解約日は手続きをした月末となることを覚えておきましょう。

月末での解約となるため、解約手続きを行った場合でも月末まではデータ通信や音声通話機能は利用できますし、基本使用料は日割り計算されず、満額の請求となる点が注意点として挙げられます。

なおMNP転出をする場合には「サービスのご解約」ではなく、「MNP予約番号の発行・確認」から手続きを行います。

IIJmioではMNP予約番号は即日発行されず、発行までには4日程度かかるため、時間に余裕を持って手続きをすることが大切です。

まとめ

IIJmioでは解約金が発生するパターンは「音声通話SIMを利用開始から12ヶ月以内に解約する」場合のみとなっています。

大手携帯キャリアのパターンと比較するとシンプルで分かりやすいですし、13ヶ月目以降であれば、いつでも解約金なしで解約できるので、非常に縛りが緩い格安SIMと考えられます。

キャンペーンなどを利用すれば、音声通話SIMを最初の数ヶ月間はお得に利用できるので、IIJmioが気になる場合には、気軽に試してみることをおすすめします。