家族で使うとおすすめの家族割! mineoではどれぐらい安くなる?

最近では、どこの携帯電話会社でも行っている割引制度の1つに「家族割」があります。家族で同一回線に契約をするとお得な割引が受けられるというものです。

格安料金で魅力のmineoですが、ここでも家族割が行われています。どのような適用条件で、どれぐらいの割引が受けられるのか、みてみることにしましょう。

mineoの家族割の概要 選べる料金プランは?

まずは、mineoが実施している家族割について解説していきます。

概要としては、家族でmineoに契約した場合、各回線の月額基本料金から「50円」の割引が受けられるというものです。

「50円」と聞くと、小粒に感じてしまいますが、mineoでは元々の料金が安いこともあるので、それでもお得になります。

家族割が適用される料金プランには制限はなく、どの料金プランを利用していても、家族同士で料金プランが異なっても、家族割が適用されます。

mineoの家族割の適用条件について

家族割で50円の割引が適用されることはわかりやすく理解できます。

重要なのは、家族割が適用される「家族」の定義ではないでしょうか。mineoがどこまでを家族と判断して、割引を適用するのかを確認しておきましょう。

mineoでは、住所が同一の家族だけではなく、離れて暮らす家族や、姓が異なる家族対象範囲に含まれます。

具体的には、主回線者を基準に三親等以内に含まれる人が対象となります。

つまり、自分を起点とすると、「配偶者」「子供+子供の配偶者」「父母+配偶者の父母」「兄弟+兄弟の配偶者」「祖父母」「叔父叔母」「孫」「ひ孫」なども家族割に含まれます。

これだけのカバー範囲の広さがmineoの家族割の特徴でもあります。

ただ、家族割の割引適用回線数は最大5回線までとなっています。

なので、mineoを使っていて、まだスマホを使ったことがない祖父母などにmineoを勧めてみるというのも効果的です。

家族割と併せて「親孝行キャンペーン」も活用しよう

mineoの家族割と同時に利用したいのが、ただいま実施されている「親孝行キャンペーン(2019年6月30日まで)」です。

こちらのキャンペーンは、60歳以上の方でデュアルタイプの料金プランを新規申し込みした場合に以下の特典が受け取れます。

  • 訪問サポート無料

または

  • 電子マネーギフト3000円分(EJOICAセレクトギフト)

こういったお得なキャンペーンが用意されているので、家族割と並行して、こちらを利用してみることをおすすめします。

これを機に、親御さんにmineoのスマホを勧めてみてはいかがでしょうか。

キャリアの家族割と比較してもmineoの方がお得?

家族割というサービスは、どのキャリアでも当たり前のように行われているサービスでもあります。

ここでは、docomoの家族割とmineoの家族割、適用した上でどちらが安くなるのか比較していきましょう。

比較しやすいように、料金プランはドコモのギガライト「~3GB」とmineoのドコモプラン・デュアルタイプ3GBとします。

通常料金

  • ドコモのギガライト「~3GB」:3,980円
  • mineoのドコモプラン・デュアルタイプ3GB:1,600円

ドコモの「ファミリー割引」では、条件を満たした回線数に応じて、各回線ごとの月額料金が最大1000円(2回線では500円)割引されます。

それを踏まえて、それぞれの料金をみてみましょう。

家族割適用後料金

  • ドコモのギガライト「~3GB」:3,980円−1,000円=2,980円
  • mineoのドコモプラン・デュアルタイプ3GB:1,600円−50円=1,550円

家族割の割引額はドコモの方が大きいですが、割引を適用したとしても、両者の料金プランには1,000円以上の差があります。

これだけでも「mineoが安い」ということが明確です。

同じ家族割でも、元々の料金が安いmineoの方がよりお得に使えることがわかりますね。

まとめ

月額料金が安い上に、家族割を適用することで、さらにお得になるのがmineoです。家族で使った方がより安くなるので、mineoのスマホを利用している方は、ぜひご家族にもmineoを勧めてみてください。