mineoは遅い? 人気の格安スマホの気になる部分を調査!

3大キャリアスマホの料金と比較しても、ダントツの安さを誇っている格安スマホ。中でも、人気のあるmineoですが、キャリアからの乗り換えを検討している人で、最も大きな懸案事項は「通信速度」ではないでしょうか。

やはり料金が安いだけにキャリアスマホと比較しても、通信速度に差があるのではないかという不安は拭えません。データ通信を多く利用する場合はなおさらですよね。

今回はmineoの通信速度が遅いのかどうかを調査していきます。

mineoのデータ通信プランをみてみる

mineoでは、データ通信に関しては、このような記載をしています。

プランの範囲内であれば「高速通信LTE」が使用でき、データ容量を超えてしまった場合、「最大速度200kbps」でデータ通信が行えます。

ただ、「最大」という注釈がついているので、常時この速度が実現できるわけではありません。データ量の小さいwebサイトやテキストメールの送受信、LINEなどであれば問題なく使える程度の通信速度です。

そのため、アプリのダウンロードや動画視聴、画像などが多いwebサイトの閲覧などは難しくなっていくでしょう。

さらに、mineoでは、データチャージが可能となっており、100MB150円単位でのチャージできます。データシェアなども充実しており、高速通信を使い続ける環境は整っているといえます。

口コミでも「mineoは遅い」の声が……

mineoの公式コミュニティサイト「マイネ王」では、通信速度の遅さを指摘する声が散見されます。

これらの口コミを俯瞰してみると、どうやら時間帯によって通信速度の遅さが際立っていることがうかがえます。

確かに、スマホなどの通信速度は、利用者が多い時間帯では、混雑によって通信速度が低下することがあります。事業者のキャパシティ次第で対応できる場合もあれば、それができないこともあるでしょう。

mineoも格安スマホでもあり、そういった部分では対応が追いついていないのは事実です。これはスマホのユーザー数にも依存する部分でもあり、mineoも人気が高まるにつれて、通信速度への影響が無視できないレベルになってきたといえます。

一般的に通信が混雑する時間帯として挙げられているのは、平日の朝(7〜9時)お昼(12〜14時)夕方(17〜19時)夜(21〜23時)があります。

mineoでは通信の最適化などで対応するも…

mineoでは、このような通信速度の不安定化に対して、「通信の最適化」という対応を実施しました。

これは、混雑時間帯(平日:7:30~8:30, 12:00~13:00, 18:00~19:00)にサービスの品質を保証するため、画像に対してデータ圧縮を行うというもの。

これによって、画質は落ちるのですが、それでも混雑状況はあまり解決されていません。

今後増強を行なっていく方針を掲げてはいるのですが、それでも限界があるので、もしかしたらサービスの質に影響を及ぼすことも考えられます。

mineoが遅いと感じるならポケットwifiを使う

格安スマホの通信速度が遅いのは、ある意味値段相応な部分もあります。3大キャリアスマホの料金が高いと感じているのであれば、料金を安くする代わりに何かしらを犠牲にする必要も出てくるでしょう。

かといって、快適にデータ通信はしたいものです。

このような場合には、格安スマホとは別途にポケットwifiを契約するのがおすすめです。ポケットwifiなら、データ通信が無制限で行えるサービスが多く、それを使ってパソコンやタブレットでもデータ通信が可能になります。

mineoでは、一番安い500MBプランも用意されているので、そちらを契約して、データ通信はポケットwifiで行うというのが、快適に使うにはいい手段といえるでしょう。

動画やネットサーフィンを大量に行うという人は、できるだけ通信量を気にすることなく利用したいものです。それなら格安スマホのデータ通信のみに頼るのではなく、別の手段も用意しておきましょう。

まとめ

mineoの通信速度について調査してみました。やはり格安スマホということもあり、3大キャリアと比較すると、通信速度や安定度に差があることは誰もが実感するところのようです。

ただ、mineoの場合、料金面でのメリットが大きいので、快適にネット通信がしたいのであれば、その他の通信手段を使うことも視野にいれることをおすすめします。