IIJmioってiPhoneの取り扱いないけど、ひょっとして使えないの?

数ある格安SIMサービスの中で、docomo、au、Softbankの回線があり、これら3大キャリアから乗り換えしやすいと好評のIIJmio。

しかし、ちょっと調べてみて驚くのが端末(スマホ)ラインナップに、日本でもっとも人気がある端末・iPhoneシリーズがひとつもないのです。ん? ということは、IIJmioではiPhoneを使えないの? などいろいろな疑問が出てくると思います。

そこで今回は、IIJmioのiPhone事情について解説していきます。

どんな契約でもIIJmioでiPhoneを使うことは可能

IIJmioでiPhoneを使えるのか? 結論を先に紹介すると「YES」です。IIJmioでiPhoneを使うことは可能です。

しかし、ほかのキャリアでよくある、新規や乗り換え時に端末とセットで契約し、新しいiPhoneを手に入れるということができないのです。せっかく新規契約した、またはキャリアを乗り換えたのだから気分一新、新しいiPhoneにしたいという場合は、SIMフリーiPhoneを入手する必要があります。

SIMフリーiPhoneって? という方のために簡単に説明しますと、3大キャリアで販売しているiPhoneは「SIMロック」というものが施されています。これにより、自社の回線でしか通信できないようににしているのです。

ロックを解除すれば、キャリアに関係なく通信ができるようになるのです。これはSIMフリーというもの。

なにやら少々面倒な印象を受けた方、安心してください。Apple StoreではSIMフリーのiPhoneを販売しているので、これを購入すればOKです。ほかにも中古のSIMフリー機など入手手段はいろいろありますが、安全性を求めるのならばApple Storeでの購入を強くおすすめします。中古端末を購入したものの、バッテリーが全然もたないなどという細かい不具合をよく聞きますので。

乗り換え時にそのままiPhoneを引き継げる?

これまで3大キャリアのiPhoneを使用しており、その端末代金の支払いは完了している。愛着があるし、これをそのままIIJmioに引き継げれば端末代を浮かせられるのに……と考えた方、正解です。

結論は少し難しくて以下のようになります。

  • docomoのiPhoneを使っていた場合……ほぼ全機種、そのまま引き続き使用可能
  • auのiPhoneを使っていた場合……新しい機種に限って、そのまま引き続き使用可能
  • SoftbankのiPhoneを使っていた場合……SIMロック解除で使用可能

さらに、もうひとつ注釈をつけると、docomoのiPhoneは自由度が高く見えますが、SIMロック解除なしで使えるのは「タイプD」のみという条件が付きます。auに関してはもう少し複雑なので、続いてそれを補足します。

auのiPhoneを使っていた場合はいろいろ注意が必要

まず、auのiPhoneでSIMロック解除せずに安心してIIJmioで使える機種は以下のものとなります。

  • iPhone XR
  • iPhone XS/XS Max
  • iPhone X
  • iPhone 8/8 Plus

こちらもタイプA」で契約という条件が付きます。

SIMロック解除をすれば使える端末は以下のとおりです。

  • iPhone 7/7 Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 6s/6s Plus

なお、XS以前の機種に関しては、au版のiPhoneでSIMロック解除の有無に関わらずテザリングができないようになっていますので、ご注意ください。

というように、ちょっと複雑になっています。ここで盛んに出てくるワード「SIMロック解除」ですが、これは個人でてきるものなの? と疑問に思われるでしょうが、じつはWeb上で簡単にできるものなのです。キャリアで調べることもできますが、IIJmioでもご丁寧に解説しているページがありますので、それをぜひ参考にしてみてください。

参考 IIJmioのSIM&iPhone利用ガイドIIJmio公式サイト

タイプDとかタイプAとかあるけれどその違いは?

docomoのiPhoneを使っていた場合、タイプDを選択すればSIMロック解除不要……といったことを少し触れました。

上で出てきたタイプDとタイプAというのは、IIJmioの回線でタイプDがdocomoタイプAがau、それぞれから回線を借り受けて運用している、ということです。

よって、それぞれの回線を使っているからSIMロック解除が不要(のケースがある)となります。

これらの違いは主に回線の違いで、料金的にはさほど差はないという認識で問題ありません。細かい話をすれば、タイプAにはデータ通信専用SIMがないだとか、SMS機能付きのSIMの月額料金がタイプDがのほうが若干高いということがありますが、iPhoneを使って音声通話もデータ通信も、という一般的な使用方法、契約では関係の話です。

ちなみに、iPhoneを使って音声通話、データ通信をするという一般的な使い方をする場合は「音声機能付きSIM(みおふぉん)」での契約となります。

こちらの料金は以下のとおり、いずれのタイプでも同額になっています。

まとめ

IIJmioでiPhoneを使う場合、SIMフリー端末以外だと乗り越えなければならないハードルが結構あることをお分かりいただけたのではないでしょうか。

しかし、新品のみならず中古端末も使えますので、パフォーマンスを落とさずに通信費の節約という観点からすると、IIJmioでiPhoneを使うというのはかなりベストな選択肢かと思います。