mineoが提供する2つのかけ放題「通話定額」と「割引アプリ」どっちがおトク?

以前から、格安シムには通話定額がないので電話をよくする人にはお勧めできないといった意見がよく聞かれました。

この対策として各社はIP電話などの通話割引アプリや通話定額サービスを提供し、通話料を安くする方法を提供しています。例に漏れずmineoでも両者を提供しているのですが、どちらを使った方がおトクか、ということを検証します。

mineoの「通話定額サービス」について

まず最初にmineoの基本通話料金を紹介しておきます。通常の通話料は30秒で20円。1分あたりだと40円、30分で1,200円、1時間で2,400円かかることになります。

mineoが提供する通話定額サービスは大手キャリアなどが提供する、いわゆる「かけ放題」と同じようなものです。

mineoの通話定額サービスの内容は、追加料金を支払うことで、毎月30分もしくは1時間分の通話料がかからなくなる、つまりこの時間分は無料対象になっているということ。料金は月額最大30分間定額で通話ができる「通話定額30」で月額840円、月額最大60分間定額で通話ができる「通話定額60」で1,680円となります。上で紹介した通常の料金から差し引くと、通話定額30で契約した場合は最大360円通話定額60で最大720円おトク、というわけです。

1ヶ月でだいたい1時間分の通話しかしない、あまり電話は使わないということであればこのプランがおすすめ。無料通話アプリのような発信時の手間もありませんし、そのままダイレクトに電話できる手軽さを考えれば、コスパはそれなりによい、といえるでしょう。

もうひとつのおトク通話サービス「mineoでんわサービス」

mineoが提供しているもう一つのかけ放題サービスが「mineoでんわサービス」です。

これは専用アプリ「mineoでんわ」をインストールした後、そのアプリから発信することで電話料金をおトクにできるという内容。

追加オプションとして、10分の通話が月額料金850円で無料対象になるというサービスも提供しています。月額料金850円で、30分の通話無料と同じ価格(上で紹介した通話定額30とほぼ同額という意味)で10分間の通話をし放題になるということになります。

少々極端な例になりますが、友達や恋人とよく通話をする場合、毎回の電話を10分以内にすれば、毎日通話したとしてもその通話料はかからないということになります。よって、頻繁に電話をかけるという場合、意識して10分以内に抑えれば、かなりおトクになるのでこちらがおすすめです。

mineoでんわサービスの注意点

まず、当然のことですが、mineoでんわはmineo契約者専用アプリで、音声通話機能がある端末でしか利用できません。また、mineoでんわを利用するためには、mineoのデュアルタイプの契約、つまり音声通話とデータ通信のセットの契約を結ぶ必要があります。

3桁番号、つまり110番などについては電話サービスの無料対象外なので、アプリを使ってかけても通常の電話料金が発生します。

またmineoでんわアプリ以外から発信した場合は、無料対象にはならず通常の電話料金がかかってしまうので注意が必要です。

通話定額サービスとmineoでんわ、どちらが良いか?

通話定額サービスは、少ないとはいえ、ある程度電話をする機会があるという場合に最適なサービスといえます。普段はほぼ電話しないが、月に1度は家族や友人などと通話する、決まって連絡することがあるなど、トータルで30分以上通話しているようならおすすめできます。

逆に、毎月通話をしても20分以下と本当に短期間しか通話しないのであれば通話定額サービスを利用しない方がおトクといえます。

一方のmineoでんわですが、アプリ自体の契約は必要ですが無料で使えますので、ひとまずはダウンロードしておくことをおすすめします。

mineoでんわを利用すると通話料は30秒で10円なので、1時間で1,200円となります。通常料金の半分、そして通話定額60との差額は480円(mineoでんわのほうが安い)となります。

mineoでんわを使う判断基準として、ビジネス用途など通話アプリの利用を避けなければならない事情がなく、なおかつよく電話するということであれば、mineoでんわを使うべきでしょう。

10分間かけ放題サービスについてですが、850円なので毎月40分以下の通話しかしない、ということであれば契約しないほうがおトクになるかと思います。

まとめ

通話定額サービスとmineoでんわ、どちらを選ぶにしても、毎月1時間以上の通話をするのであれば契約した方が確実におトクになります。この「1時間」がボーダーラインになるといえます。

それ以下の通話であれば、具体的な利用スタイルや目的などに合わせてみれば、最適なサービスが見つかるはずです。