ワイモバイルにしたい! 乗り換え方法はどうするの?

契約している携帯電話会社より月額料金が安いところを見かけると、そちらに乗り換えたいと思うのは当たり前かもしれません。ですが携帯電話会社を変えてしまうと、電話番号や携帯電話会社が提供しているメールアドレスなどが変わってしまいます。

しかし、電話番号を変更せずに契約している携帯電話会社だけを変更できる「MNP」を利用すれば、手間をかけずに乗り換えることができます。

乗り換え先の候補として、おすすめのひとつが「ワイモバイルです。月額料金がおトクで電話もネットも快適に利用できるワイモバイル。まずはMNPのメリットからMNPするときの注意点などを解説します。

乗り換え方法のキーワードは「MNP

今使っている電話番号を変更せずに、契約している携帯電話会社や、格安SIM事業者を変更する方法がナンバーポータビリティ(MNP)です。

MNPで携帯電話会社を乗り換える場合は、通常の新規契約よりちょっと手続きが増えるほか、ちょっとした負担がかかってしまいます。しかし、それを上回る強力なメリットが存在します。

MNPのメリット①番号を教える必要なし

携帯電話会社を変えると、電話番号が変わります。MNPが施行される前は、自分で連絡先に登録された人に連絡をする必要がありました。

期間限定でしたが携帯電話会社側でも、番号が変更されたことを通知してくれるサービスも用意されていました。

この手間がいっさいかからないのが、MNP1つめのメリットです。電話番号については何も伝える必要はなく、普段通りに電話するだけです。

MNPのメリット②おトクなキャンペーン

MNPのキャンペーンは一時期とても過熱し、恐ろしいまでの金額がキャッシュバックとして扱われていました。そのため監督省庁である総務省は、キャッシュバックキャンペーンを禁止しました。

その代わり携帯電話会社では、MNPで転入した利用者に対して、スマホやサービスで割引を開始。もともと販売価格がおさえられたスマホは、実質0になったりしています。

このようにMNPで乗り換えたあと、スマホを購入するといった新たな負担をかけずに利用できることになります。

MNPのメリット③解約の手間もかからない

スマホを解約するとき手続きが必要なため、それなりの手間がかかります。

さらに次の携帯電話会社で契約する手続きも必要なので、ある程度時間があるときではないと手続きすることさえ面倒になってしまいます。

ですがMNPの場合は、次の携帯電話会社との契約が成立すると、自動的に今まで契約していた携帯電話会社は解約となります。

MNPするときって料金がかかる?

MNPで携帯電話会社を乗り換えるとき、実はちょっとだけ費用がかかります。その費用は転出する携帯電話会社に対して支払う「MNP転出料」です。

転出料は携帯電話会社によって違い、ドコモなら2,000auソフトバンクについては3,000(すべて税別)となっています。MNPも携帯電話会社から見れば解約となるため、更新月以外でMNPを利用した解約をすると契約解除手数料+MNP転出料がかかります。

更新月であればMNP転出料だけになるので、各社が設定している金額が適用となります。

MNPで乗り換えを考えている方は、更新月を意識するようにしましょう。

さっそくMNP転出で携帯電話会社を乗り換えてみよう

MNPで乗り換えをする場合、会社によって細かい差はありますが、基本的な流れは以下で紹介するものとなります。まずは大筋をこちらで掴んでいただき、現在契約中の携帯電話会社のホームページなどで詳細を確認すると、よりわかりやすいかと思います。

MNP手順①転出する携帯電話会社で予約番号を取得する

転出する携帯電話会社でMNPの予約番号を取得しますが、方法は電話WEBサイト、各携帯電話会社が運営しているショップで受け付けています。

なおWEBサイトでも携帯電話ショップでも、予約番号を発行は20時までとなっています。受付の終了時間間近は駆け込み需要で、電話などでは予約番号が発行できないケースが考えられるので、できるだけ余裕を持って予約番号を発行するようにしましょう。

MNP手順②乗り換える携帯電話会社でMNP予約番号を伝える

MNP予約番号の発行が終わったら、乗り換える先の携帯電話会社でMNP予約番号を利用して新規契約するだけです。契約が成立した時点で転出する携帯電話会社は解約となり、それまで利用していた携帯電話番号を乗り換え先の携帯電話会社で利用できようになります。

MNPで購入する場合は携帯電話ショップだけではありません。オンラインでもMNPを利用して契約することができます。もちろんワイモバイルも、店舗やオンラインショップでMNPを利用した乗り換えが可能です。

MNPするときのちょっとした注意

MNPで転出する際に取得した予約番号には「有効期限」が設けられています。予約番号は有効期間でなければ、乗り換えることができません。MNP予約番号の有効期限内に乗り換えができなかったからといって、なにかペナルティを受けることはないので、慌てずに次の携帯電話会社を選びましょう。

どうしても携帯電話会社が選べなかったり、忙しすぎて店舗やWEBサイトからも選ぶことができずにMNP予約番号の有効期限が切れてしまったら、改めて予約番号を取得すれば大丈夫。そして、そのままMNPで乗り換えることを諦めても何も問題はありません。

まとめ

MNPに関する不安やどのような手続きをすればよいのか、MNPする際にかかる費用などすべて解決できたのでは? これで安心してワイモバイルに乗り換え、月額料金もインターネット、スマホ全般を快適に使えるようになります。

■その他、ワイモバイルに関する記事はこちらからご覧ください。

良いの? 悪いの? お手頃価格で利用できるワイモバイルの評判は? ワイモバイルでiPhoneは使える? 申込み方法を解説 ワイモバイルでおすすめは? iPhoneなど人気機種を紹介! ワイモバイルは通話料がお得! 初めての格安SIMならワイモバイルがオススメ……その3つの理由