IIJmioの解約金は事前チェックが必要! プランによって解約金がちがう?

IIJmioの契約には、12ヶ月以内の解約に際して音声通話機能解除調定金という解約金をはらわなければならないというものがあります。ほかのキャリアは更新月以外で解約する際、一律で適用される解約金がありますが、IIJmioでは解約を行ったタイミングによって解約金の有無と金額に違いがあります。

そこで、今回はその具体的な内容をチェックしてみます。

IIJmioのシングル契約は解約金が無い

IIJmioがほかのキャリアと異なる点として、データ通信専用契約となるシングル契約には解約金を設定していません。しかし、最低利用期間として2ヶ月という期間を設けています。

加入月とその翌月末までは解約できないので、少なくとも2ヶ月分の利用料金を支払う必要があります。

もし、2ヶ月立たないうちになんらかの事情(使おうとしているところで電波が入らない、など)があって解約したいという場合も、最低2ヶ月は料金を払わなければならないのでしょうか?

これに関しては、IIJmioは「契約締結通知受領後から8日間は、IIJmioの合意を必要とすることなく、指定の方法にて申し出れば契約解除可能な初期契約解除制度があります。

つまり契約締結通知を受け取った時点から起算して、8日以内にIIJmioに対して書面または公式サイト上から申請することにより、契約解除を行うことができる、というわけです。

これにより、契約後に問題が発生したとしても、安心して乗り換えできます。

IIJmioのデュアル契約は利用月数に応じた解約違約金が必要

一方、デュアル契約では「みおふぉん」というサービス名となっていて、12ヶ月以内の解約を行う場合、音声通話機能解除調定金という違約金が設定されています。

3大キャリアのの2年縛りとは異り、こちらは13ヶ月以上契約していれば違約金を払う必要がありません。最低利用期間である12ヶ月以内の解約を行う場合に適用されるので、いずれにせよ解約するタイミングを計算しておく必要があります。

なお、デュアル契約・みおふぉんの違約金は解約時の契約期間で変動します。

その計算式は次のとおりです。

12ヵ月利用開始月を0ヵ月目とした利用月数] ×1,000円(税抜)

  • 利用開始月に解約……(12-0)×1,000=12,000
  • 利用開始月翌月に解約……((12-1)×1,000=11,000
  • 利用開始月翌月から11ヶ月目に解約……((12-11)×1,000=1,000
  • 利用開始月の翌年同月に解約……((12-12)×1,000=0

このように、利用月数に応じて違約金は減少する仕組みです。

みおふぉん契約において、12ヶ月以内の解約であっても例外的に解約違約金が免除されるので、それを紹介しておきます。

デュアル契約からシングル契約への変更

この場合、IIJmioとの契約を解除することにはならないので、解約違約金は免かかりません。

初期契約解除制度を利用した解約なら解約違約金が免除される

みおふぉんでも初期契約解除制度が適用されるので、8日以内というタイミングさえ守れば違約金は発生しません。

他社の解約金はどうなっている?

ここまでIIJmio解約金について紹介してきましたが、ほかの主要格安SIM会社と比べて高いのか、安いのか、はたまた条件は厳しいのか、ゆるいのかということをみてみましょう。

会社名

最低利用期間

解約金

IIJmio

2ヶ月

最大12,000円(税抜)

ワイモバイル

12ヶ月

9,500円(税抜)

UQモバイル

12ヶ月

9,500円(税抜)

mineo

12ヶ月

9,500円(税抜)

契約プランによっては解約金が発生しない場合がありますが、それはプランの基本料金が高いとき(ワイモバイル)で、オーソドックスな割安プランに関しては、ほぼ解約金が発生します。

金額的にはIIJmioがだいぶ高く感じられるかもしれませんが、すでにご紹介しているとおり、最大料金はすぐに解約したときの最大額。例えば10ヶ月で解約した場合、IIJmioは2,000円、他社は9,500円(ともに税抜)となりますので、一概にIIJmioが高いというわけではありません。

最初に「電波の入りが悪い」などというトラブルがない限り、一度加入したらよほどのことがない限り解約したいということはないと思います。

しかし、スマホ代節約をトータルで考えた場合、こうした解約金、違約金のことも頭に入れ、格安SIM会社選びの材料にすることをおすすめします。

まとめ

IIJmioは解約時期によって解約金が傾斜するというユニークなシステムを採用していることがおわかりいただけたと思います。このほか、初期段階で自分に合わないと感じて解約する場合、8日以内であれば解約金を払わずに済むという制度を設けており、とてもユーザーライクであるともいえます。

まず格安SIMを試してみたいという場合、IIJmioはとても強力な選択肢になるのではないでしょうか?