そういえばワイモバイルで通信障害があったけど大丈夫?

2018年12月6日の13時頃から18時頃までソフトバンクとワイモバイルに大規模な通信障害が起こり、ちょっとしたパニックが起こったことは記憶に新しいと思います。

スマホが生活に欠かせないインフラになっている現在、今後またこのようなことが起こらないとも限りません。 そうなってしまった場合に慌てないよう、原因と対処法を考えてみましょう。

原因は通信機器トラブルによるもの

報道によれば、通信障害の原因はソフトバンクのネットワークに使われている機器のトラブルとのこと。この機器がトラブルを起こすと、基地局や端末(スマホなど)が正常だとしても、まったく通信が行われないそうです。

確かにこの時、ソフトバンク、ワイモバイルなどのユーザーのスマホなどの通信機器の電波状況を表すアイコンは、いわゆるアンテナが立っていない状態になっていました。

さらに、このような通信障害はトラブルを起こした機器を使っている他国でも発生していたそうです。日本だけでなく、世界中で起こっていたということで、かなり重大な事故だったと実感できます。

通信障害は発生するものという前提で考えよう

このように巨大な通信障害はそう頻繁に起こるものではありませんが、ないとも言い切れないのが現状です。

今回はソフトバンクのネットワークに端を発する通信障害ゆえに、その回線を利用しているワイモバイルなどの格安SIMサービスが被害を受けましたが、auやドコモのネットワークもありえないわけではありません。事実、各社とも大なり小なり通信障害は発生しているからです。

では、その場合、どのような対処方法があるでしょうか?

スマホが使えない! ちょっと待って、もう一度確認してみて

今回のように大々的に通信障害が報道されると、ちょっとスマホが使えない=電波がつながらない、という状況になると障害を疑ってしまいます。

が、意外と自身のスマホに問題がある可能性を最初に疑ってみましょう。

まずは、圏外になっていないか? 電波状況が悪いところだと、ほんの少し動いただけで電波を受信できなくなります。この場合はちゃんと「圏外」と表示されますので、それを確認してみてください。圏外表示が出ない場合は、障害の可能性が出てきます。

続いては機内モードになっていないかを確認してください。アンテナのアイコン部分に飛行機が表示される機内モードは通信が一切できない状態を示しています。基本的にはこうすることは日常生活においてはほぼないと思いますが、何かの拍子にということもありえます。念のために確認しましょう。

最後にモバイル通信OFFになっていないかも確認しましょう。こちらも意図せずに設定が変わってしまった、ということがあるかもしれません。

スマホが使えなくなった時は、慌てず冷静にこれらのことを確認してみましょう。そしてその後、通信障害を疑ってみてください。

通信できる公共サービスを日頃から意識しておこう

スマホの基本的な役割は大きく分けて2つ、通話と通信です。いずれかで相手に現状を連絡できれば、とりあえずなんとかなりますよね。そのためにもこれらをできる手段を普段から考えておくのがベストです。

通話に関しては固定電話があります。しかし、外出していて固定電話をすぐに使えないという場合も多いはず。この場合は公衆電話という手段があります。公衆電話を使ったことがない、という方が増えてきているという報道などがあったりしますが、1回でも使えばやり方はすぐにマスターできるので、ぜひ1度試してみましょう。

通信は各所にある無料Wi-Fiサービスを使うのがベストです。コンビニは無料Wi-Fiを提供しているところがほとんど。それほど使う機会がないとしても、万が一の時のために身近なコンビニで無料Wi-Fiを使うための手順などをチェックしておくことを強くおすすめします。

違うキャリアのスマホを複数台持ちする

通信障害に対してもっとも手っ取り早い解決方法は、タイトルどおり、異なるキャリアのスマホを複数台持つことです。 直近での最大級の障害はソフトバンクの回線が原因でした。このためワイモバイルなどソフトバンクの回線を利用しているところは被害を受けましたが、他キャリアに関してはなんら問題ありませんでした。

今後、他キャリアが重大な通信障害を引き起こすことも考えられます。複数台持ちするといっても、例えばソフトバンク/ワイモバイル、au/UQモバイル、docomo/BIGLOBEモバイルといった同系列を持っていても意味がありません

複数台持ちとなるならば、やはり格安SIMで揃えたほうが費用的な負担は軽減できます。場合によっては主要キャリア(docomo、au、ソフトバンク)1つだけよりも維持費を抑えられる……ということも十分にあり得る話です。

まとめ

スマホを複数台持つなんて……と思う方が大半だと思いますが、もしこの度の規模の通信障害が起こり、連絡がつかずに取り返しのつかない事態になってしまった、ということがないとは限りません。

自己管理が叫ばれる昨今、こうした状況にしっかり備えておくこともひとつの重要な自己管理になるのではないでしょうか。