ワイモバイルなら10分間かけ放題になる通話サービスあり!

携帯電話会社や格安SIM事業者と契約するとき、どちらかというと通話プランよりデータ通信プランの方に気をとられてしまい、通話プランをよく考えずに契約してしまうことってありませんか。

「あまり電話は使わない」とか「LINEがあるからいい」という人もいるかもしれませんが、電話をかける必要がある場合、LINEやその他の通話アプリを使った電話では連絡ができない状況に直面することがあります。

そんなときに何気なく電話を利用してしまったり、長電話をしてしまったりすると、かなりの通話料金がかかってしまい、翌月の請求を見るのがちょっと心配になってしまいます。

そんな心配から開放される携帯電話会社がワイモバイルです。でもなぜ通話料金を心配する必要がないのでしょうか。ちょっと調べてみましょう。

ワイモバイルが通話料金を気にしなくていい理由

ワイモバイルがなぜ通話料金を気にせず電話がかけられるのか、その理由は提供している料金プランS/M/Lに、1回の通話が10分以内なら無料でかけられる「かけ放題サービス」が含まれているからです。

ただすべての相手先が無料になるわけではありません。通話が無料となる相手先と、無料にならない相手先、いわゆる無料通話の適用条件を確認しておきましょう。

かけ放題になる条件は?

次の相手先に電話をかけた場合、10分以内ならかけ放題の回数制限がありません。

  • ワイモバイルが提供するスマートフォンや携帯電話
  • 他の携帯電話会社または格安SIM事業者が提供しているスマートフォンや携帯電話
  • 固定電話
  • IP電話

10分間の通話がかけ放題になれば、仕事でもプライベートでも直接伝えたいことを話すには十分な時間です。

なお、通話時間が10分をオーバーした場合は、30/20の通話料金がかかります。

かけ放題の対象外となる相手先は?

どこにかけても通話無料になるサービスであれば、何も気にせずにどこでも電話をかけてしまいそうですが、次の相手先については無料通話の対象外となるので注意してください。

  • 国際ローミングや日本から海外にかけた国際電話
  • ナビダイヤル(0570で始まる電話番号)
  • テレドーム(0180で始まる電話番号)
  • 番号案内(104)など
  • 留守番センター(留守電を聞くときにかける電話番号)

以上がワイモバイルの公式サイトに掲載されている内容となります。

ちょっと気になるのが留守番電話センターへの通話です。スマートフォン本体に搭載されている機能で留守電を利用している場合は、料金が発生することはありませんが、留守番電話センターにたまった留守電を聞くときにダイヤルする相手先については、30/20円の通話料金がかかります。

対象外に電話をかけるときは、ちょっと注意しましょう。

ワイモバイルのかけ放題はココがすごい!

ワイモバイルのプランに含まれたかけ放題サービスは、他の携帯電話会社や格安SIM事業者よりも優れている点があります。

ほかの携帯電話会社が提供している無料通話サービスは、電話をかける回数は無制限ですが1回の通話時間が5分と短めになっています。通話時間が10ならちょっと保留されたとしても気にしないかもしれませんが、5分となると少しの保留でも「もういいや」となってしまうかもしれません。

さらにワイモバイル以外の格安SIM事業者で音声通話契約をする場合、かけ放題のようなサービスは月額オプションとして提供されています。このオプションを契約しない場合は、3020円の従量課金となってしまいます。

ただ格安SIM事業者の場合、通話料金が30/10円になる割引ダイヤルが用意されているので、携帯電話会社よりは負担をおさえて利用できます。これだけでも必要十分かもしれませんが、やはり無料でかけ放題になるサービスを利用したいと思う方はオプションを契約するのがベターです。

この違いから見ても、ワイモバイルのかけ放題は、電話をかける人にとってはちょうどいい時間設定といえます。

60歳以上の人との通話が多いなら……

ワイモバイルではキャンペーンの一環として60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーンというものがあります。

これはワイモバイルを使う人が60歳以上の場合、国内通話がかけ放題の「スーパーだれとでも定額」の月額料が無料になるというキャンペーンです。

ご家族に60歳以上の方がいて、頻繁に電話をするという場合はその方のスマホをワイモバイルに乗り換えてもらう、というのも通話料節約の一環になります。

60歳以上の方はLINEやメールよりも通話のほうがラク、そして長電話になりがちというケースが多いと思います。その場合、ぜひこのキャンペーンを利用してみましょう。

双方ともにワイモバイルにすることのメリットは大きいはず。

まとめ

ワイモバイルは単にスマートフォンを安く利用できるだけの携帯電話会社ではありません。

はじめからプラン料金に含まれているサービスだからこそ、使い倒していきましょう。LINEを利用していない人や友達登録をしていない人でも、電話をかけることができる方が絶対便利です。

通話もインターネットも手頃な価格で利用できるワイモバイルはオススメです。