大人気UQモバイルの「ウェルカムパッケージ」「エントリーパッケージ」の違いってなに?

UQモバイル運営元であるBIGLOBEでは、ふたつの「パッケージ」を用意しています。それが「ウェルカムパッケージ」と「エントリーパッケージ」です。

しかし「パッケージ」という単語がなにを意味しているのかわからない、という人もいるでしょう。そこで、本記事ではふたつのパッケージについて、詳しく解説します。

UQモバイルの「ウェルカムパッケージ」とは?

ウェルカムパッケージ」をひとことで表すと「UQモバイルとの契約をお得にできる」もの。パッケージ、という名前からして色々入っていそうですが、中身は契約時に提出が必要となるコードのみです。

「ウェルカムパッケージ」は、Amazonや楽天などにおいて、約350円で販売されています。この「ウェルカムパッケージ」を使うと、事務手数料3,300円が無料になります。

といっても万能ではなく「ウェルカムパッケージ」が使えるのは、「音声通話とデータ通信」両方を利用するプランを選択した時だけ、という条件がつきます。

つまりトータルで2,900円~3,000円ほどお得になる、ということ。さらに「スマホプラン」というプランを選択すれば、最大5,000円のキャッシュバックが受け取れます。

つまり、条件が重ねれば、最大8,000円ほどお得になります。

ちなみにパッケージとは言いつつも、基本的にはダウンロードして使用するものです。もちろん希望すれば、紙のパッケージとして入手することも可能です。

UQモバイルの「エントリーパッケージ」とは?

エントリーパッケージ」も、「ウェルカムパッケージ」と似たようなもので、契約がお得になるコードが記載されたものです。

「エントリーパッケージ」を利用すれば、やはり事務手数料3,300円が無料になります。

こちらはデータSIMのみ」の契約時にのみ利用できる仕組みです。価格はややばらつきがありますが、おおむね500円から1,000円ほど。ということで、こちらは2,300円~2,700円ほどお得になります。

「ウェルカムパッケージ」と同じく、ダウンロード版と紙パッケージ版が用意されています。

UQモバイルの「ウェルカムパッケージ」と「エントリーパッケージ」の注意点

上記解説で、ふたつのパッケージがたいへん強力な割引アイテムであることは理解していただけたはず。とくに「ウェルカムパッケージ」は、キャッシュバックを合わせると8,000円ほどお得になります。

一方で両パッケージを利用する際には、いくつか注意したいことがあります。とはいえ、いずれもさほど大きな注意点ではありません。普通に手続きしていれば、問題にはならない程度のものですが、念のためここから解説していきます。

コード入力には細心の注意が必要

両パッケージのコードを入力する際は、とくに注意が必要です。それぞれコード入力は、失敗すると再入力できないというシビアさがあります。

たとえば、入力中にパソコンの電源が落ちたりすると、コードが無効になるなどします。また、住所や電話番号の打ち間違えなどがあったら、審査に落ちてしまいます。審査に落ちてしまった場合、やはりコードは使えなくなってしまいます。つまりパッケージ購入でかかった費用が無駄になってしまいます。

となりますので、コード入力時は細心の注意を払ってください。

キャッシュバックは現金?

「ウェルカムパッケージ」では5,000円のキャッシュバックがあります。しかしキャッシュバックは現金で渡されるものではなく、Amazonギフトカードとして支払われます。

一部端末は対象外

「ウェルカムパッケージ」と「エントリーパッケージ」が適用されない端末も存在します。こうなるとパッケージを購入した費用が無駄になってしまいます。

もしもどうしても使いたい端末がある、今使っている端末でUQモバイルへ加入したいのならば、パッケージ購入前に確認しておきましょう。UQモバイルお客様サポートセンター(0120-959-001)で確認可能です。

ただしiPhoneシリーズやandroidなど、メジャーな機種はパッケージが適用されることが確認できています。HUAWEIあたりは微妙なので、確認することをおすすめします。

手間と割引を考える必要もある

パッケージを利用する場合、少し手間がかかるというデメリットがあります。まず、Amazonや楽天でダウンロードする手間がかかります。

そして紙のパッケージの場合は、到着まで数日かかります。キャッシュバックや割引、手間、どちらを取るかは、状況に合わせて判断するのがベストです。

UQモバイルをさらにお得に利用するならパッケージは欠かせない

いくつか細かい注意点はありますが、両パッケージはたいへん強力なメリットを得られます。最低限事務手数料が無料かそれに近い金額へとおさえられるが、なによりの利点。手間こそ少しかかりますが、コスパを意識するなら、積極的にパッケージを使いましょう。