UQモバイルで人気のiPhone11が使える! 利用方法について詳しく解説します!!

2019年9月、待望のiPhone新機種『iPhone11シリーズ』がリリースされました。発売から時間が経過し、そろそろ格安SIMへ切り替えて利用料金をおさえたいと考えているユーザーが多いはず。

格安SIMプロバイダーの中でも人気のUQモバイルは、いち早くiPhone11でも格安SIMが使えるように対応しました。ということで、UQモバイルでのiPhone11の使い勝手などを詳しく解説していきます。

iPhone11で、UQモバイルの格安SIMを利用する方法

まずはUQモバイルでiPhone11を利用する方法の基礎について解説します。

SIMロックを解除する

ドコモとソフトバンクでiPhone11を購入すると、SIMロックという状態になっています。auの場合、SIMロックはかかっていません

iPhone11をauで購入している人は、SIMロック解除の手続きは必要ありませんので、次項「SIMカードの挿入」へ移ってください。

ドコモとソフトバンクはSIMロックを解除する必要があります。SIMロックの詳細は割愛しますが、とにかくSIMロックを解除しないと、UQモバイルのSIMカードが使えない、ということは覚えておいてください。

SIMロックを解除する方法は、以下の2パターンです。

  • キャリアへ問い合わせて電話窓口で解除手続きを取る
  • キャリアの店頭で解除してもらう

電話窓口で解除する場合は、キャリアのコールセンターに電話を掛けましょう。電話番号は以下の通りです。

  • ソフトバンク→157
  • ドコモ→151

あとはナビダイヤルの指示どおりに手続きすれば、SIMロックが解除できます。ちなみにSIMロックの解除を申し込む際、おそらく軽い引き止めの説得をされます。

その理由ですが、SIMロックを解除するということはキャリアの顧客ではなくなるということになるからです。したがって「もし今、SIMロックを解除せずにいてくれたら、利用料金を安くしますよ」というセールストークをされるはず。

とはいえ、格安SIMほど安くなるということはまずありえません。はっきりと断って、手続きに入りましょう。

もうひとつのパターン、店頭での解除ですが、この場合は解除手数料が3,000円ほどかかる場合があります。コストを考えるのであれば、電話窓口で解除手続きを取るのがベターです。

いずれの方法でも、「MNP解約番号」が発行されます。MNP解約番号はUQモバイルにおける新規申込時にかならず必要となるので、忘れたりしないように確実にメモに残しておきましょう。

UQモバイルへ申し込む

次に、UQモバイルの利用を申し込みます。やはり申し込みについても、Webか店頭どちらかでおこないます。

Webの場合は、UQモバイル公式サイトへアクセスします。

店頭で申し込む場合は、近所のUQモバイル取り扱い店舗へ行きましょう。ただし店頭で申し込む場合、あまり優先順位が高くないオプションを提案されるかもしれません。

できるだけ自力で料金プランなどを理解し、Webから申し込むのが通信費を抑えるための基本。ちなみにWebでの申し込みは、たいへん簡単なものになっています。指示どおりに進めて行けば、つまずくことはほぼありません。

SIMカードを用意→挿入

SIMロックが解除できたら、UQモバイルでSIMカードを発行してもらいます。申し込みから数日後にSIMカードが届きます。

iPhone11本体に入っている以前のキャリアのSIMカードを抜き、UQモバイルのSIMカードを挿入しましょう。

APNの設定

次にAPNという機能を設定します。APN設定とは、UQモバイルのSIMでもインターネットができるようにする作業です。作業の流れは以下の通りです。

  1. UQモバイルお客様サポートセンター(0120-929-818)へ連絡する
  2. APN設定で必要なファイルインストールの案内を受ける
  3. 指示にしたがい、iPhone11上でAPN設定用のファイルをインストールする

以上でAPNの設定は完了です。

iPhone11UQモバイルを利用する際の注意点について

iPhone11でUQモバイルを利用する際は、いくつか注意しておきたいことがあります。使えなくなってしまった、などということがないように最新の注意を払ってください。

SIMカードの種類

iPhone11で利用できるUQモバイルのSIMカードは「マルチSIM」という種類です。別のタイプは適合しません。契約時にSIMカードの種類を間違えないようにしましょう。

デザリングについて

UQモバイルでは、iPhone11でのデザリングに対応しています。ただし、データ専用プランを利用している場合については、デザリングができない可能性があるのでご注意を。

なお、iPhone7でデザリングはできるので、遅かれ早かれiPhone11でも確実にデザリングできるようになることが予想されます。

キャリアメール

格安SIMの使用にあたって避けられないデメリットですが、iPhone11をUQモバイルに切り替えるとキャリアメールが使えなくなります。

よって、キャリアメール以外のメールアドレスを用意しておきましょう。電話番号を利用しているSMSについては、引き続き利用できますのでご安心ください。

UQモバイルにおけるiPhone11の取り扱いはある?

残念ながら、UQモバイルでiPhone11本体は販売していません。UQモバイルで販売しているiPhoneシリーズは、最も新しいものでiPhone7までとなっています。したがって、現状ではiPhone11がラインナップされるのはずいぶんと先の話になりそうです。ということで、iPhone11本体については、UQモバイル以外の場所から入手する必要があります。

iPhone11を格安運用するならUQモバイル!

iPhone11は、比較的本体価格の高い端末です。したがって3大キャリアと契約している状態だと、月額料金も高くなってしまいます。

しかし、UQモバイルであれば、利便性(通信エリアや速度)をさほどそこなわずに格安で利用できます。

ということで、最新のiPhone11をできるだけ割安に使いたいというのであれば、UQモバイルに乗り換えるのが最良の選択、ということになります。