UQモバイルでタブレットを使うことは可能! 詳しい使い方や対応機種

スマートフォンでの利用がメインとなっているUQモバイル。しかし、じつはタブレットでも利用することが可能です。

利用料金が高くなりがちなタブレットで、格安SIMが使えるのは、かなり大きなメリット。本記事で詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。

UQモバイルをタブレットで使用する

UQモバイルでタブレットを利用する方法は、とても簡単です。

UQモバイルから発行されたSIMカードを、タブレットに挿入すればOK。契約自体はスマホでないといけないわけではありません。

とにかくSIMカードがタブレットに適合していれば問題ありません

ただしタブレットについては、動作確認が取れているもの、取れていないものがあります。

たとえば「ASUS」のタブレットについては、多数動作確認が取れています。一方で「FUJITSU」や「HUAWEI」あたりのタブレットは、動作確認がとれていないものもあります。

自分の持っているタブレットがUQモバイルで対応しているか、事前に確認しておきましょう

UQモバイルで動作確認が取れていないタブレットについて

動作確認が取れていないタブレットでも、UQモバイルのSIMカードを使える可能性はあります。あくまで「動作確認が取れていない」だけであって、動作しないと決まったわけではないのです。

SIMフリーのものであれば、使える可能性はじゅうぶんにあります。3大キャリアで契約していたものであっても、SIMロックを解除すれば使えるようになるかもしれません。

ただし動作確認の取れているタブレットと違い、なにかしらの障害が起こるかもしれません。

使用するにあたって大した問題にならなければいいのですが、「データ通信」や「動作速度」など、重要な部分でトラブルが起きるということも考慮しておく必要があります。

こうしたリスクについて十分に理解し、自己責任の範ちゅうで利用してください。

UQモバイルでタブレットは買える?

UQモバイルでタブレットの取り扱いはありません。したがって、UQモバイルでタブレットを使用したい場合は「持ち込み」が必要です。

言い換えれば、動作確認が取れているタブレットであれば、好きなものを使えるということです。

また、UQモバイルでタブレットを利用する人は増加傾向にあります。したがって今後、UQモバイルがタブレットを販売するようになる可能性もあるといえます。

UQモバイルでタブレットを使う際のプランについて

UQモバイルをタブレットで使うなら、プランの選択が重要。タブレットを使用する場合は、以下のプランが候補となるでしょう。

通話を度外視したプラン

  • データ高速プラン:980円/月、通信量3GB/月
  • データ無制限プラン:1,980円/月、最大送受信速度500kbps固定

タブレットで通話することはあまりないでしょうから、通話がない上記のプランは第一候補となるでしょう。いずれも通話ができない分、利用料金は低くおさえられています。

データ高速プランについては、通信量を使い切っても、あとから通信量が追加できます。UQモバイルの通信速度はおしなべて優秀なので、ストレスなく使用できるでしょう。ただし通信量の使い過ぎには注意したいところ。

データ無制限プランの魅力は、いくら使っても通信制限がかからない、というところ。ただし、最大送受信速度が500kbpsに固定されていることを頭に入れておいてください。

サイト閲覧程度であれば、ほとんど問題はありません。ただし動画視聴などになってくると、少々厳しい面があります。なお、オンラインゲームなどについては、諦めたほうがいいでしょう。

ただし回線自体は安定しているので、常に安定した速度で通信できるはずです。

通話込みのプラン

あまり一般的ではありませんが、タブレットで通話することを前提にした契約も可能です。通話する予定があるのなら「スマホプラン」を利用することになります。

スマホプランは以下のS、M、Lがあります。

  • スマホプランS:1,980円/月、通信量3GB/月
  • スマホプランM:2,980円/月、通信量9GB/月
  • スマホプランL:3,980円/月、通信量14GB/月

そして通話に関しては、以下のいずれかを選択します。

  • かけ放題:700円/月 10分以内の通話すべて無料
  • 通話パック:500円/月 月60分までの通話すべて無料

スマホプランでは、通信量9GB、14GBのものも選べるのが使い勝手としてはかなりよいです。タブレットで通話することもあるというのであれば、M、Lプランはかなりおすすめです

UQモバイルで大画面タブレットで充実したネットライフが送れる

タブレットでも、UQモバイルを利用することは可能です。動作確認が取れているものなら安全ですし、取れていなくても使える可能性はあります。

運用の際にはプラン選択もとても重要です。通話をしないということなら、通信だけのプラン、反対に通話も考えているのならば「スマホプラン」の中から選ぶのがベストな選択です。