人気のワイモバイルはクレジットカードがなくても契約はできる?

数ある格安SIMプロバイダーの中で、高い人気を集めているワイモバイル。実際、ワイモバイルへの乗り換えを検討している人も多いはず。

ワイモバイルに限らず、プロバイダー(携帯会社)と契約する際、クレジットカードが必要なのは今どきあたり前のこと。

それではワイモバイルでクレジットカードが必須なのか? カードがないと契約できないのか? 今回はその点を解説します。

ワイモバイル、クレジットカードなしで契約できる?

結論から言えば、クレジットカードがなければ”オンラインで”ワイモバイルと契約は結べません

ただし、かならずしもクレジットカードの名義人と実質的な使用者が同じでなくても問題ありません。つまり、家族や親のクレジットカードで契約するということなら可能です。

クレジットカードなしでもワイモバイルと契約する方法はあるのか?

答えは「YES」。クレジットカードなしでもワイモバイルと契約する方法はあります。それをここから解説します。

オンライン以外の窓口ならクレジットカードなしでも契約できる

ワイモバイルの契約窓口を変えれば、クレジットカードがなくても問題ない場合があります。要するに、ワイモバイルオンライン以外の窓口で申し込むということです。その窓口は、大きくわけてふたつあります。

ワイモバイルショップ

ワイモバイルショップに行けば、クレジットカードがなくても契約できます。

ここでは利用料金の支払いを「クレジットカード払い」「口座振替払い」のいずれかを選択できます。口座振替払いを選択すれば、クレジットカードの提示は必要ありません

ただしクレジットカード以外に本人確認書類の提出が必要です。

ワイモバイル代理店

ワイモバイル代理店でも、クレジットカードなしで契約できる可能性があります。多くの場合、「クレジットカード払い」か「口座振替払い」いずれかを選択できます。

ワイモバイルショップとは異なり「可能性」と書いた理由は、代理店は運営元がバラバラのため「クレジットカード払い」しか認めていない代理店も存在するからです。

この場合は、そこではない口座振替払いを選択肢として用意している代理店で契約しましょう。

ワイモバイルとクレジットカードに関連する注意点

ワイモバイルを自分のクレジットカードでオンライン契約するなら問題はありません。しかし、それ以外の方法になるといくつかの注意点が出てきます。

ワイモバイルを別名義のクレジットカードで契約するリスク

冒頭でも解説したとおり、自分以外の名義のクレジットカードで契約することは可能です。実際、親のクレジットカードを使ってはいるが、端末利用者は子供である、ということはよくあります。

親子であれば、さほど問題はないでしょう。せいぜい、今月使いすぎだよ、という注意で済む話です。

しかし、恋人や友人のクレジットカードを使うのはたいへん危険です。一般的に「名義を貸し借りすることのリスク」が伴います。利用料金が想定外の金額になり、名義人に多大な迷惑を掛けてしまうこともあるでしょう。逆に自分が誰かにクレジットカードの名義を貸すのも危険です。

利用料金の支払い義務は、クレジットカードを提示した人に課せられています。したがって莫大な利用料金を肩代わりさせられる可能性もでてきます。

ワイモバイルでは「ワイモバイルまとめて支払い」という機能があります。この機能を使うと、暗証番号入力など一切なしに、オンラインでクレジットによる買い物ができてしまいます。ワイモバイル自体、名義人と端末利用者が同一人物であることを前提にしたサービスです。

したがって名義人と端末利用者が一致していないと、大きなトラブルに発展しかねません。名義を貸す(借りる)のは、絶対にやめましょう

ワイモバイルショップ・代理店で契約する場合について

店頭で契約する場合に注意したいのは、ワイモバイル側の営業に惑わされないということ。店頭では、ワイモバイルショップからさまざまな提案を受ける可能性があります

営業トークに乗せられて、余計なオプションをつけてしまわないように注意したいもの。また、必要だと明言していないオプションをこっそり付けられることもありますので、少しでも疑問に感じたらしっかり質問し、納得のいく契約をしてください。

ワイモバイル実店舗での契約ならばクレジットカードは不要

ワイモバイルは、オンライン以外の申し込み方法を取ればクレジットカードなしで契約できます。ひとつだけ注意点を挙げるなら、店頭での営業トークには気をつけてください。

クレジットカードを使用する際、他人同士での貸し借りはデメリットしか考えられないので絶対に行わないこと。繰り返しますが、親子や家族以外でクレジットカードの貸し借りはしないようにしましょう。