LINEモバイルの災害時対応はどのようになっている?

各携帯会社では、災害時支援や緊急地震速報などの災害時対応サービスを展開していますが、LINEモバイルでもこうしたサービスは行っているのか?

これからLINEモバイルを検討しているユーザーが、もしものときに備えたいと考えているなら、災害時の支援や活動がどうなっているのか知りたいはずです。

そこで今回は、LINEモバイルでは災害時にどのような対応しているのか、最近ではどのような支援活動を行っているのかを紹介します。

災害時サービス「緊急地震速報」

自宅にいるときはテレビやラジオ、インターネットなどですぐに地震情報などは入手できますが、外出先ではスマホだけが頼りです。

外出先で地震が起きた場合、LINEモバイルはきちんと「緊急地震速報」を通知してくれるのでしょうか。

すべての機種で緊急地震速報を受信できる?

実はすべての機種で「緊急地震速報」を受信できるわけではありません。海外のSIMフリー版など、スマホの機種によっては「緊急地震速報」をしっかりと受信できないのでご注意ください。

しかし、国内機種で比較的新しい機種なら、問題なく「緊急地震速報」は通知してくれます

受信できない機種でも安心のアプリ

受信できないからと、がっかりする必要はありません。「緊急地震速報」の通知が来ない場合は、災害時に通知してくれる便利なアプリがあります。

以下の通知アプリが高評価を得ています。

  • NHK ニュース・防災
  • 防災速報 地震、津波、豪雨など、災害情報をいち早くお届け
  • goo防災アプリ防災マップ、地震・気象情報、安否確認・登録

いずれも無料となっています。

NHK ニュース・防災」は、地震などの災害や事件など、正確な情報をいち早く知らせてくれるのが大きなポイントです。プッシュ音で知らせてくれるので、情報に気づきやすい点も見逃せません。

防災速報 地震、津波、豪雨など、災害情報をいち早くお届け」は、Yahoo!が提供する災害時用のアプリで、自宅や会社など、最大3カ所の情報を通知するように設定できます。

goo防災アプリ防災マップ、地震・気象情報、安否確認・登録」は、現在地周辺の避難所マップを表示できる機能がついています。

iPhoneは本体で受信設定ができる

じつはiPhoneには本体側で災害時の情報を受信できるシステムが備わっています。これは携帯会社に関係なく、iPhone本体自体にあるシステムです。

どこの携帯会社でもアプリを入れなくても、デフォルトで災害時通知システムが使えます。やり方は簡単。「設定」から「通知」をタップして、設定するだけです。

LINEモバイルでは災害時支援をやっている?

LINEモバイルでは災害時の支援はやっているのかも気になるところです。最近行った災害時支援活動を見てみましょう。

台風19号の支援措置

2019106日に起きた台風19号は、大きな災害をもたらしました。被害もかなり大きく、各携帯会社で支援措置を取っています。

LINEモバイルでも台風19号災害時の支援措置として、データ容量無償化サービスを行っています。対象エリアでLINEモバイルユーザーに、無償で1GBのデータ容量を付与。あわせて10月請求分の支払期日と回線サービス停止の延期が発表されました。

災害時にLINEモバイルではつながりやすくなる

ドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアでは、災害エリアで回線が快適になるように設定されています。災害時は情報の入手が重要になるため、3大キャリアでは、災害エリアに対して手厚くサポート。

そして、LINEモバイルでも、3大キャリア同様、災害時に回線速度など、通信データが快適に使えるようになっています。災害時の支援とあわせて、災害エリアに対しては、手厚いサポートを実施。これはとてもうれしいサービスです。

音声通話は災害時に必須

災害時には救急車など緊急通報(119番や110番)が必須ですが、音声通話SIMでないと、緊急通報がかけられません

LINE電話や「いつでも電話」アプリでは緊急通報(119番や110番)できないため、できるだけ音声通話SIMに申し込みしておいたほうが安心です。

LINEモバイルでも災害時の対応策は万全

LINEモバイルはスマホの機種によっては、きちんと「緊急地震速報」などの通知は受けられますが、通知が来ない機種でも、アプリを使えば安心できます。

そして、LINEモバイルでは災害時の支援活動も積極的に実施しています。万が一災害にあったときでも、LINEモバイルなら安心ということになります。