LINEモバイルで人気のiPhone11を使うには?

iPhoneの最新機種「iPhone11」が発売され、すでに入手している人も多いのでは?

端末代で結構お金を使ったので、せめて毎月の通信料は安くしたいというのがみなさんの本音のはずです。そこで格安SIMプロバイダーでiPhone11を使いたいけれども大丈夫なのか? その中でも特に評価の高いLINEモバイルでは「iPhone11」は使えるのか?

今回はその解説に加えて他社からLINEモバイルに乗り換えて使う方法を紹介します。

LINEモバイルのiPhone11動作確認状況

LINEモバイルの公式サイトにれば「iPhone11」の動作確認はすでに完了しており、LINEモバイルで「iPhone11」を問題なく使える状況になっています。

ということで、「iPhone11」入手ルート別の動作確認状況をチェックしてみましょう。

ソフトバンク、ドコモ、auで購入したiPhone11

ソフトバンクで発売した「iPhone11Pro Pro Maxすべて動作確認済です。データ通信、音声通話、テザリングの3つとも、問題なく使えます

SIMフリー版で購入したiPhone11

SIMフリー版は当然のことですが、何の問題もなく使えます

iPhone11そのままで他社から乗り換えする方法

購入した「iPhone11」をLINEモバイルで使う場合は、どのように手続きをすればいいのかをレクチャーします。

MNP予約番号を取得

他社から乗り換える場合、そのままの電話番号を使いたいときは、MNP予約番号を取得します。

新しい電話番号でもかまわないときは、MNP予約番号は取得せずに、乗り換え前の携帯サービスを解約し、新規でLINEモバイルに申し込みすればOK

ただし、いったん新しい電話番号を取得した場合、あとからまた昔の電話番号を使おうと思ってもそれはできないのでご注意ください。

MNP予約番号は現在利用している携帯会社によって多少の違いはありますが、大体がサポートセンターに電話をして取得することになります。

MNP予約番号は有効期限が15日間と決まっているため、取得したあとはなるべく早く乗り換え手続きを完了させましょう。しかし、万が一有効期限が切れてしまっても、再度MNP予約番号を取得すれば問題ありません。

LINEモバイルを申し込む

MNP予約番号が取れたら、LINEモバイルの公式サイトにある申し込みページから手続きを進めます。

申し込みには本人確認書類クレジットカード(もしくはLINE PAYLINE PAYペイカード)登録に必要なメールアドレスが必要なので、これらを手元に用意してから申し込みましょう。

申し込みに際し、いろいろと聞いてから申し込みをしたいときは、全国にあるLINEモバイルショップ、ビックカメラやケーズデンキなどの家電量販店、ゲオなどの携帯販売店など、店頭での申し込みがベターです。

初期設定なども行ってもらえますので、すぐに使えるようにしたい場合は店頭で申し込んだほうが早い場合もあります。

ただし、混雑時では待たされることも多いですし、在庫切れで取り寄せるのに数週間ほどかかってしまうケースもあるため、事前に電話で確認をしておいたほうが安心です。

店頭で申し込みをする場合も、本人確認書類クレジットカード(もしくはLINE PAYLINE PAYペイカード)登録に必要なメールアドレスが必要なので、必ず持参しましょう。

初期設定

公式サイトなどオンラインで申し込みをした場合、SIMカードが郵送されます。

到着後は同封してあるマニュアルを熟読し、SIMカード挿入や初期設定を行ってください。初期設定では、お手持ちの「iPhone11」でインターネットなどの機能が使えるように「APN設定」が必要です。

これが完了すれば、問題なく「iPhone11」でLINEモバイルサービスが利用可能です。

最新のiPhone11を格安LINEモバイルで使おう

月額料金が安いLINEモバイルは、格安SIMプロバイダーの中でもSNSサービスが充実しているため、SNSヘビーユーザーなら、断然LINEモバイルがおすすめです。

LINEモバイルで通信費用を節約しながら、最新の「iPhone11」を使う……これが最新のiPhoneの賢い利用法です。