お子さんにLINEモバイルを持たせる場合はiフィルターを要チェック!

LINEモバイルをお子さんに持たせようと契約したものの、さまざまなオプションプランがあってどれに入ればいいのか、どんな機能なのかよくわからないそのなかでも「iフィルター」が気にはなっているけれど、どんな機能なのかよくわからないという声をよく聞きます。

そこで今回はiフィルターについて、サービス内容や活用方法などを解説します。

iフィルターとはどんな機能?

LINEモバイルのiフィルターは、どんな機能を備えているのか、実際にどう使うのか、など詳しく紹介します。

iフィルターは未成年を保護するアプリ

こちらは別途申し込みをすることで、子供に悪影響を与えるサイトをブロック可能なフィルタリングアプリです。

利用者が18歳未満の場合、親御さんがiフィルターを申し込むことで、悪質なサイトから子供を守ることができる便利なアプリというわけです。なお、iフィルターの申し込みに一切料金はかかりません

iフィルターの便利な機能

iフィルターでは未成年者を保護するための、さまざまな機能が付いています。

アプリ警告機能

個人情報の流出は、とても危険です。悪質なアプリが個人情報を抜き取るようなケースがあります。このようなときには、危険なアプリを起動する前に、警告画面が表示されるようになっているので安心です。

アプリフィルタリング

アダルトサイトやギャンブル、暴力的なアプリなど、未成年者が利用してはいけないサイトなどを利用できないように制限します。

とくに保護者が設定する必要はなく、iフィルター側で、未成年者に不適切なアプリやサイトはあらかじめ利用できないような設定されています。

端末が利用できる時間を制限

曜日や時間帯によって、携帯を利用できる時間帯を保護者が管理できるようにします。勉強をさぼってスマホを使ってしまわないよう、わざわざ見張らなくても使いすぎを阻止可能です。

通話発着信履歴が確認できる

いつ誰と電話をしたのか、通話の発着信の履歴を確認できます。履歴を消されたらどうしようかと心配する必要はありません。お子さんが勝手にiフィルターをアンインストールしたり、削除することは不可能だからです。

位置情報履歴の確認

お子さんが現在どこにいるのかが確認できます。突然いなくなったときやなんらかのトラブルに巻き込まれたときなど、携帯を所持していればいつでも所在地を確認できるので安心です。

申し込みはどうすればいいのか

これから新規でLINEモバイルに申し込む場合は、申し込みフォーム入力時に、オプション申し込みでiフィルターも同時に申し込みします。

そのとき、利用者情報の入力画面で「利用者の設定について」という項目がありますので、「利用者と契約者が違います」を選択します。

すでにLINEモバイルを使っている場合は、マイページにログインし「プラン・オプション」をタップしてページを表示させます。

フィルタリングアプリ」右横にある「変更する」を押して「利用する」を選択したあとは、下の「申し込む」をタップしてください。

iフィルターの使い方

申し込みが終わったあとは、iフィルターを使うために、アプリをダウンロードします。以下のリンクから各OSごとに対応したアプリを取得してください。

参考 i-フィルター for マルチデバイス

インストールまで完了したあとは、iフィルターアプリを起動します。

利用前の下準備(コード入力)

起動したアプリ画面内に「既にシリアルIDをお持ちの方」という項目がありますので、そこにフィルタリングアプリコードを入力してください。

フィルタリングアプリコードは申し込み時に発行されますので、メモをしておくと便利です。メモをし忘れた場合は、マイページに記載されていますので確認してください。

iフィルター設定方法

フィルタリングアプリコードを入力し終えると表示されるのは、利用者と管理者ページの設定画面です。ここで管理するためのIDとパスワードを設定します。これは必ず親御さんが行い、お子さんに見られないように注意しましょう。

ここで設定したIDとパスワードを使って、管理ページにログインし、iフィルターの設定や管理画面で、お子さんの動向が見守れます。

iフィルターでネットに潜むリスクから子供を守ろう

スマホでは便利なアプリ、サイトがたくさんありますが、なかには悪質で危険なアプリやサイトが存在します。

安全面など便利な機能満載のため、携帯を持たせたいけれど、危険な目にあったらどうしようかと心配になるものです。そこで使うべきなのが、iフィルター。さまざまな機能で子お子さんを守ってくれます。