mineoで災害支援タンク実施! モバイル各社の災害支援と比較

地震や台風など、自然災害が発生してもっとも困るのはライフライン。今やスマホなどの通信機器も立派なライフラインとなっています。通信ができないということは、現代社会において、とても不自由であることはみなさんもよくご存知のことだと思います。

mineoでは災害時に「災害支援タンク」というサービスを実施しています。その取り組みがどんな仕組みなのか、どのように役立っているのかを解説します。

加えて各社の取組みも含めて紹介していきます。

mineoの災害支援タンクについて

ごく最近起きた台風での自然災害や災害支援タンクを維持していくための努力など、mineoが行っている災害支援対策をいくつか紹介します。

mineoでは詳しい活動状況や具体的な支援対策などをお知らせに載せていますので、災害に遭う前に一度チェックしておくことをおすすめします。

災害支援タンクとは?

災害支援タンクはmineoが自然災害にあってしまった被災者に、無料でデータ通信が行えるように、パケットのフリータンクを開放するサービスです。

自然災害に遭遇した場合、情報が何より大切であり、そのためにも多くのパケットが必要になります。そこでmineoでは、被災者に少しでも多くパケット通信を使ってもらうため、日頃より貯めておいたパケットを開放し、支援しているというわけです。

201910月台風第19号で行った被災者支援

つい先日起きた大きな自然災害、台風19号では本当に多くの被害がありました。多くの避難者に加え、不自由な生活を余儀なくされた人々も数多くいらっしゃいます。

これに対し、mineoは対象地域に対し、災害支援タンクを実施しました。対象地域に関しては以下のリンクを参照してください。

参考 【2019年10月台風第19号 被災者支援】災害支援タンクを開放しますマイネ王

データを使える条件は、マイネ王アカウントを取得していることと、対象地域に住んでいること、もしくは救援活動などで対象地域にいることです。

利用期間は災害救助法が適用された日、もしくは特別警報が発令された日から2週間で、被害の大きさによって延長する可能性があります。

11回、2GBまで引き出しできて、合計10GBまで利用可能です。

mineo防災訓練」の実施

mineoでは「mineo防災訓練」を実施していた実績があります。実施日時は2019311日(月)9:0021:00です。

これはどこかに集合して防災訓練を実施するわけではなく、mineoユーザーに声を掛けて、フリータンクにパケットデータを入れたり、引き出したりを体験するものです。

いざ、自然災害が起きたときに、自分が被災者となったときに、パケットデータの引き出し方がわからなかったり、パケットデータを寄付したいのに、やり方がわからないなど、土壇場で右往左往してしまうのを防ぐ目的があります。なお、引き出しは1110MBまで体験可能でした。

災害支援タンクの現状

現状は貯めていたフリータンクを開放したことで、かなりのパケットデータが使用され、枯渇気味になってしまっています。

大きな自然災害が起きているため、仕方のないことですが、今後また起きるかもしれない大きな自然災害のため、フリータンクにパケットデータを入れることも視野に入れなければいけません。

今現在はとくにパケットデータの寄付を呼び掛けてはいませんが、今後、呼びかけがあった場合は、積極的に参加することをおすすめします。

また、多くのmineoユーザーが増えることで、災害支援タンクのパケットデータが増えることにもつながるため、積極的な他社ユーザー呼び込みも得策です。

mineo以外のモバイルサービス災害支援活動

mineo以外の格安モバイルサービス各社でも、災害支援活動を行っています。各社の支援活動の様子を見ていきましょう。

ワイモバイル

ワイモバイルはソフトバンクが親会社であるため、ソフトバンクと同様の支援活動を行っています。

台風第19号が起きたときには、対象地域に住んでいるユーザーを対象に、パケットデータの追加購入料金を無料にするサービスと、月額利用料金の支払い期限を1カ月、延長する支援活動を実施していました。

 UQモバイル

UQモバイルは台風第19号で被害にあったユーザーに対し、利用料金支払いの期限を1カ月延長と、お試しで貸出している端末SIMカードの返却期限を1カ月延長する支援活動を行いました。

IIJmio

IIJmioモバイルサービス/IIJmioモバイルプラスサービス」を利用しているユーザーに対し、1契約ごとに10月分のバンドルクーポン2GBを付与する支援活動を行いました。

災害支援に取り組むmineoと一緒に支援活動をしよう

mineoでは災害支援活動に力を入れており、それには大勢のユーザーが一緒に盛り上げていく意思が必要不可欠です。他社でも力を入れている災害支援活動ですが、mineoではmineoにしかできない支援活動があります。

mineoに思い入れのあるmineoユーザーは、積極的に災害支援タンクの活動を応援し、たとえ寄付はできなかったとしても、災害支援タンクに関心を向けてみましょう。