UQモバイルは無料お試しができるって本当?

UQモバイルの利用を検討しているが、なかなか踏み切れない……と悩む人が多いでしょう。

一度契約するとしばらくは違約金なしで解約できないので、慎重になるのは当然のこと。しかしUQモバイルでは、一定期間無料でお試しできるサービスが用意されています。

無料お試しで使用感を確認すれば、納得して契約へ踏み切れます。

UQモバイルの無料お試し「Try UQ mobile」

UQモバイルが提供している無料お試しサービス「Try UQ mobile」に申し込めば、15日間無料でサービスを利用できます。条件はたったひとつ。クレジットカードを持っていることです。

Try UQ mobileで試せるサービス内容は

  • SIMカードのみ
  • SIMカード+購入を検討している端末

いずれか一方です。

「Try UQ mobile」で何がわかる? なにに注意するべき?

UQモバイルに加入するべきか、15日の無料お試し期間でしっかりと見極める必要があります。

具体的には、無料お試しで、下記のような点がわかるはずです。自分の希望する使い方にマッチしているか、しっかりチェックしておきましょう。

通信速度を体感

もっとも重要であろう、UQモバイルの通信速度を実際に体感できます。現在契約しているキャリアの通信速度とどれくらい違うのかがハッキリわかるでしょう。

Webサイトのブラウジングだけではなく、動画視聴なども試しておくとなおよいです。ここでストレスなく使えるかどうかが、重要な判断材料になります。

できれば通信速度が測定できるアプリ(App StoreやGoogle Playに無料でリリースされているものでOK)で、具体的な数字を確認しておくとベストです。

通信速度に影響が出る場所を確認

ご自身の行動範囲において、通信速度が落ちてしまう場所はあるか確認するのも重要です。

自宅や通勤通学先で通信速度が落ちるのであれば、注意が必要です。もしかしたらUQモバイルと契約しないほうがよい、ということもありえます。

時間帯によっても通信速度は変わってくるということもおさえておきましょう。とくに12:00~13:00、20:00~22:00あたりは、回線混雑の影響でどうしても通信速度が落ちてしまいがちです。逆に言えば、回線が混雑している時間帯でも不便を感じないなら、速度面の問題はないと言えます。

UQモバイルの「Try UQ mobile」を利用する方法

UQモバイルで「Try UQ mobile」を利用するには、下記の手順を踏む必要があります。

WEBで申し込む場合

UQモバイル公式サイトから申し込みます。申し込みフォームが用意されているので、必要事項を入力しましょう。クレジットカード情報が必要になるので、カードを手元に用意しておきましょう。入力当日、もしくは翌日にはSIMカードおよび端末が発送されます。

ちなみに返却する場合は、郵送となります。

店頭で申し込む場合

UQモバイルの代理店でも申し込めます。ただし、代理店によっては実施していないこともあります。店頭で申し込む場合も、クレジットカードが必要です。

返却は同じ代理店に直接持っていく必要があります。

「Try UQ mobile」利用する際の注意点もおさえておこう

UQモバイルの「Try UQ mobile」はたいへん便利なサービスです。しかし、利用する上で、いくつかの注意点があります。

15日以内にUQモバイルへ返却しなければいけない

「Try UQ mobile」による無料お試し期間内で、UQモバイルへ端末とカードを返却しなければいけません。

よく誤解されるのですが、無料お試し期間最終日には、UQモバイルの元に届ける必要があります。つまり最終日に端末やSIMカードを使っているのであれば、返却が間に合わないかもしれません。

郵送による返却なら確実に間に合いません。

もし返却が間に合わなければ、違約金が発生することもあります。ギリギリまで粘らず、数日余裕を持って返却するようにしましょう。

汚損・破損があれば弁償しなければいけない

当然のことですが、端末やSIMカードが汚損や破損した場合、弁償しなければいけません。SIMカードは3,000円程度、端末込みなら30,000円程度を弁償する必要が出てきますので、取り扱いには、細心の注意を払いましょう。

通話は試せない

「Try UQ mobile」による無料お試しは、電話番号が発行されないため、通話が試せません。ただしLINE通話など、データ通信を使った音声通話アプリは利用できます。

Try UQ mobileでUQモバイルの実力をチェック!

UQモバイルの「Try UQ mobile」を利用すれば、SIMカードや端末の性能が無料お試しできます。契約するか判断しかねる場合は、ぜひ無料お試ししてみましょう。思わぬメリットが見つけられるかもしれません。

ただし、返却期限の超過や汚損・破損にはじゅうぶん注意しましょう。