auひかりでWi-Fiが使いたい!利用方法とトラブルへの対処法

auひかりでネット回線を引いたら、光コンセントから離れた場所で使う、家族みんなでそれぞれがスマホやパソコンを使う、といった使い方をしたいもの。

そんなときに大変便利なのが「Wi-Fi(無線LAN」です!

このWi-Fiを使うために必要な準備と、Wi-Fi利用時に起こりがちなトラブルへの対処法をご紹介します!

auひかりでWi-Fiを利用するには

まずauひかりでWi-Fiを利用するのはルーターが必要です。このルーターを手に入れるための3つの方法をご紹介します。

auひかりからWi-Fiルーターをレンタルする

auひかりではWi-Fiルーターの貸し出しを行っています。正確にいうとネット回線のために必要な「ホームゲートウェイ」という機器をレンタルし、これに内蔵されている「Wi-Fiルーター機能」を使う形となります。

費用は月額500ですが、auユーザーで「auスマートバリュー」を適応すると、このレンタル料が永年無料になります。

レンタルできる機器の無線LANWi-Fi)の規格は、ホームタイプで「11ac」、マンションタイプの一部で「11n」となっています。「11ac」は一般的に流通している規格の中でも最新で、「11n」以上の速度を出せるものです。よって、ほかの光回線の中でも速度に定評のあるauひかりで使用するなら「11ac」規格が圧倒的におすすめです。

auひかりで市販のWi-Fiルーターを利用する

市販のWi-Fiルーターを購入するのがおすすめなのは、

  • auスマートバリュー」適応外
  • マンションタイプで「11n」のルーターしかレンタルできない

これらに当てはまる場合です。

まず、スマートバリュー適応外の場合。こちらは毎月500円のレンタル料が発生します。2年間で計算すると、総額12,000になります。

市販のWi-Fiルーターは、一万円未満の商品でも「11ac」規格のものが手に入ります。長い目で見ると購入したほうがおトク、ということです。

次にマンションタイプで「11n」規格のルーターしかレンタルできない場合。マンションギガ・ミニギガでこのルーターを使用すると、最大速度の半分以下に制限されてしまうのです。せっかく早いauひかりにしたのに、Wi-Fiルーターのせいで遅くなってしまうのは、とてももったいない! そのため「11ac」規格のルーターを自分で用意されることをおすすめします。

キャッシュバック+Wi-Fiルーターを代理店からもらう

Wi-Fiルーターが欲しいけれど、いまいちどれがいいか分からない、買いに行く手間を省きたい、という方は、auひかりを代理店から申し込む際、Wi-Fiルーターをプレゼントしてもらうという方法もあります。

オススメの優良代理店からの契約なら、キャッシュバック+11ac」規格の人気Wi-Fiルーターというサービスがあります。どのWi-Fiルーターがいいのか悩む必要も、買いに行く手間も不要で、申し込むだけでルーターを手に入れられます。プレゼントされるルーターは定番機種になっている場合がほとんどなので、性能面での心配もありません。

例えば優良代理店の「NNコミュニケーションズ」で、ホームタイプでネット回線+ひかり電話の契約をした場合。キャッシュバック47,000円+「11ac」規格のWi-Fiルーター(10,000円程度)が必ず手に入ることになります。

参考 NNコミュニケーションズ

auひかりのWi-Fiが使える範囲

無線が届く範囲としては、親機(ホームゲートウェイやWi-Fiルーター)と端末(スマホやパソコンなど)間が室内で100m程度とされています。しかし、家の中には壁などの障害物がたくさんあるので、範囲内であっても電波を届けづらく、Wi-Fi通信ができないという場合があります。

親機のある1階は繋がるが、2階に行くと繋がりにくい……そんなときには、レンタルでなければ「中継機能搭載」とあるWi-Fiルーターを選ぶことで問題を解決できます。

シンプルなルーターよりも若干値段は高くなりますが、このタイプがおすすめです。お住まいが2階建てなどであれば、予め中継機能を搭載したルーターを選んだほうが、Wi-Fiを使える範囲を広げられます。

auひかりのWi-Fiが繋がりにくい or 遅いと感じたときの対処法

いざWi-Fiを利用しようとしたとき、時々起こりうる、Wi-Fiが繋がりにくい、遅く感じる、というアクシデントです。そんなときに自分でできる対処法をご紹介します。

規格を確認する

先ほども出ましたが、Wi-Fiルーターのせいで最大速度が制限されてしまっているケースが考えられます。

今お使いの無線LANの規格が「11ac」であるかを確認しましょう。レンタルの場合、最新型に交換してもらうことも可能です。購入されている場合は、買い替えをご検討ください。

機器と端末の距離を縮める

これは無線LAN全般にいえることですが、Wi-Fiの特性上どうしても障害物や距離が離れていると不安定になりがちです。

一番通信が安定するのは有線接続ですが、無線LANでも機器(親機)と子機(端末)の距離を縮めることで改善されることもあります。

機器の再起動・リセットを行う

Wi-Fiが繋がらないときに考えられるケースとして、機器が不具合を起こしている場合があります。

  • auひかりからレンタルされている「ONU
  • ホームゲートウェイ
  • 市販のWi-Fiルーター
  • 端末

これらの電源を一度落としてしばらくしてから再び電源を入れると、Wi-Fiの通信が改善していることも。これでも繋がらないときは、機器の故障などが考えられるので、auサポートセンターに問い合わせましょう。

サポートセンター:TEL 0120-22-0077 年中無休9時~20

auひかりのWi-Fiはルーター選びが肝心

ここまでauひかりでWi-Fiを使うために必要なことと、使用中に起こりうるトラブルへの対処法をご紹介しました。

auひかりの速度を活かせるWi-Fiルーターを使うことで、より便利で快適なWi-Fi環境が手に入ります!