人気のauひかりの料金プランについて洗いざらい紹介

auひかりの契約を検討している、また、auひかりを契約していて料金がなんか高いような気がしている……このようにauひかりの核心的部分ともいえる料金プランについて納得して利用できるように、何のサービスに料金がかかっているかをまとめました。

また料金が高くなる原因とその対処法もご紹介します!

auひかりを使うべきかた

まず初めに、auひかりと契約するのがベストという条件を紹介します。

  • auのスマホを契約している方 or 家族の中で半分以上がauを使っている
  • 安定した通信速度を求める

これらの条件が当てはまるなら、迷うことなくauひかりを使うべきです。以下、それぞれの理由を解説していきます。

1番めの件ですが、携帯電話(スマホ)のキャリアがauという場合、月額500円のひかり電話に加入するだけで「スマートバリュー」というスマホ料金が割引されるサービスが受けられます。

契約しているプランにもよりますが、例えばデータ定額5GBのプランなら最大1,410円の割引に! これが家族全員auユーザーなら、割引の合計額がauひかりの月額料金分になることも。これは見逃せません。

2番めの「安定した通信速度を求める」というものですが、auひかりは他のネット回線と比較して、通信品質が高く、安定した速度を実現しているという状況になっているからです。地域は関東圏の一部と限定されますが、業界最速水準の5G10Gという超高速なプランも選択できます。

auひかりの料金プランとその内訳

auひかりの料金プランはお住まいや契約内容によって変わります。すべての基本料金は回線料とプロバイダ料が込みの料金です。

ホームタイプ

ずっとギガ得プラン(3年契約)

1年目:5,100円→2年目:5,000円→3年目以降:4,900円と安くなっていくプランです。キャンペーンやキャッシュバックを適用させるには、このプランが必須の場合が多く、また条件もいいので1番おすすめです。

ギガ得プラン(2年契約)

基本料金:5,200

標準プラン

基本料金:6,300

最低利用期間がなく、いつ解約しても解約金が発生しないプランです。しかし初期工事費を分割にしている場合は解約時に工事費の残りが請求されるのでご注意ください。

それぞれの基本料金+初期工事費(625×60カ月)+オプション利用料(ひかり電話やテレビなど)+ひかり電話の通話料=毎月の月額料金となります。しかしこの料金をもっとお得にする方法があるので、それを後ほどご紹介します。

マンションタイプ

マンションタイプの場合、少し複雑で住んでいるマンション内の契約数などによって3,4005,000と料金が変わります。多くの世帯がauひかりを契約している場合は安く、少ないほど高い傾向にあります。

なお、auひかりを契約する前に必ず管理者に確認をしましょう。マンションによっては回線工事の許可が下りないことがあります。

初期工事費は1,250×24カ月です。そのほかの内訳は、ホームタイプと同じとなります。

auひかりをおトクに始めるには?

基本料金を紹介した上で、続いてそれをおトクにする方法をご紹介します。

キャッシュバック

同じサービスを受けるのに、申し込み先が違うだけで何万円も損してしまう……ということがあります。

基本的にauの窓口での契約はNG。キャッシュバックに関しては絶望的です。ではどこで? となりますが、正解は代理店かネットでの申し込みです。時期にもよりますが40,000円以上のキャッシュバックを受けられることも。契約まで時間に予定があるならば、ネットなどでauひかりのキャッシュバックキャンペーンをこまめにチェックすることをおすすめします。

キャンペーン

  • auひかりスタートサポート」:他社からの乗り換えで違約金を30,000円まで負担
  • 「初期工事費実質無料」:ホーム・マンションタイプともに分割の初期工事費と同じ額を毎月割引

このようなキャンペーンを定期的に行っています。どちらもホームタイプの場合、ずっとギガ得プラン+ひかり電話(月額500円)の加入が条件となりますが、とってもお得なので利用しない手はありません。

注意点

auひかりには、中部・近畿・沖縄に適応外のエリアがあります。なぜならこれらの地域には独自のau系列回線があるからです。

これらの地域の場合は、So-net光やBIGLOBE光のいずれかを申し込むことで、auスマホの料金が割引かれる「スマートバリュー」が受けられるので、ご安心ください。

auひかりの料金が高くなる原因と対処法

料金の内訳は分かったけれど、思っていたよりも高い or 高くなった……という方も中にはいらっしゃるかもしれません。もう一度、以下の項目を確認してみてください。

  • オプションに加入している

キャッシュバックのために追加したオプションを不要なものは外す。プロバイダの会員サイトから行えます。

  • 初月3,000円の登録料

auひかりの初期登録料が始めの月に基本料金と一緒に請求されます。

  • ひかり電話の通話料

8/3分の通話料がかかります。

  • 携帯料金の割引が減った

スマートバリューの適応は最大2年間です。これが終了すると場合によっては何千円も変わってしまうことも。

  • 適応キャンペーンの終了

プロバイダや代理店での申し込み時のキャンペーンで、毎月割引があるものも適応期限があります。

 

以前より高くなった場合のほとんどがこれらに該当します。高くなったというよりも、キャンペーンなどが終了して通常金額に戻った、という解釈が正解になります。

まとめ

auひかりを利用する場合のベストな契約パターンは

「基本料金+初期工事費+オプション+ひかり電話の通話料キャンペーン(初期工事費分割引)スマートバリュー」

という状態にするのがベストです。こうすることでおトク、かつ快適なネット回線を実現できます。