eo光ネットの速度は速いのか? 実際使っているユーザーの声も交えて解説!

インターネット回線を契約するときに心配になるのは、通信速度がどれくらい出るか、ということではないでしょうか。Twitterや口コミサイトをチェックしていると、全然速度が出ないという書き込みが出てきたりして、心配になることも。

そこで今回は、eoの通信速度をユーザー評価とともに検証します。

eo光ネットの通信速度に関する概要

まずeo光ネットの回線のスペックついて紹介しておきます。基本的に数字上は競合他社と同じですが、実際の速度はeo光ネットが一つ頭が抜けています

eo光ネットの最大下り速度について

eo光ネットは、最大下り速度1Gbpsです。一応、100Mbpsのコースもありますが、あまり使われることはありません。

なぜなら、インターネット上のコンテンツのサイズが大きくなってきたからです。こちらのコースは理論上の最大値が100Mbpsということなので、実際にはそこまでの速度は実現できません。そうなると快適な動画の視聴も難しくなってしまうということになってしまうからです。

実際の速度は?

eo光ネットの最大下り速度は1Gbpsですが、常に最大速度が出るわけではありません。通信環境や時間帯によって、出る速度は変わります。

一概には言えませんが、だいたい混雑時でも150Mbps~200Mbpsくらいは確保することができます。混雑する時間帯以外では最低でも400Mbpsくらいは確保できるようです。一番負荷が掛かると言われているオンラインゲームや動画の視聴は100Mbpsもあれば十分と言われています。

eo光ネットを使っている限り、重くてコンテンツを開けない、ということはまずありません。ただし、複数のパソコンでオンラインゲームをプレイしていたり、動画を視聴したりするとさすがにキツイかもしれません。混雑時に複数のパソコンで重いコンテンツを開くのはやめておいたほうが無難です。

利用者からの評価は?

数字上で最大下り速度が速いとか、実行速度が速いということもできます。しかし、何より信頼できるのは、実際に利用している人達の評価でしょう。ここでは、Twitterでのツイート、口コミサイトに投稿された口コミなどを集めています。

eo光の導入を検討している方にとっては、大きな判断材料になるはずです。

Twitterでのツイートによる評価

フレッツ光からeo光に乗り換えた。フレッツ光を使っていたころは100Mbpsくらいしか出なかったが、eo光にしたら400Mbpsを超えた。

このように、回線の通信速度を高く評価しているツイートは多いです。

中には下記のようなケースもあります。

ソフトバンク光からeo光に乗り換えた。通信速度を計測してみたら、970Mbps出ていた。ちょっとすごすぎて、びっくりしている。

最大下り速度が1Gbpsの通信回線で下り速度970Mbpsまで到達するというのはすごいことです。最大下り速度が2GbpsNURO光ですらも、なかなか出せない速度です。それが1Gbpsの回線で出るということは、高品質の通信環境の証ともいえます。

ただし、あくまでも970Mbpsも出るのはレアケースなので、過度に期待しないようにしましょう。

口コミサイトでの評価

大阪市内の中心部でeo光ネットの1Gbps回線を使用している。混雑する時間帯でも、100Mbpsを下回ったことは一度もない。深夜帯であれば600Mbpsは当たり前に出る。西日本豪雨の時にはさすがに調子が悪かったが、逆に言えば災害が無い限り安定して通信することができる。

比較的回線が混雑しがちである大阪市内の中心部でも、通信速度は安定しているようです。この口コミのとおり、よほど大きな台風や地震が無い限りは、問題なく通信できていることもわかります。

実行速度を計ったことはないが、オンラインゲームだろうとなんだろうと快適に使えている。通信の不具合もほとんどない。時間帯によって遅くなる、速くなるといった感覚もないので、おそらく常に十分な速度を保てているのだろう。それでいて料金も安いので、不満が出るはずもない。西日本豪雨の時も何の問題も起きなかった。

このように西日本豪雨も無事に乗り切ったケースがあります。実行速度は計るまでもなく、通信速度は速いと体感できるようです。

通信速度が低い時の対処法

上記してきた内容で、eo光ネットの通信速度が優れているということは理解していただけたと思います。万が一通信速度が遅くなった、もしくは物足りない時のために通信速度を改善する方法を下記で紹介します。

チャネルを拡大する

eo光から貸し出されている「多機能ルーター」には「デュアルチャネル」「クワッドチャネル」という機能がついています。これは、簡単に言えば、インターネットに接続する際の電波の量を増やすというものです。

デュアルチャネルなら平常時の1,5、クワッドチャネルなら3弱の通信速度を出せる可能性があります。必ずその倍率になるとは限りませんが、少なくとも多少は改善されます。

各種機器の再起動

パソコン、eo光多機能ルーター、回線終端装置(白くて縦長の機会)の順番で電源を落とします。少し時間を置いて、今度は、回線終端装置、eo光多機能ルーター、パソコンの順番で再起動しましょう。これだけで通信速度が劇的に回復する場合があります。

まとめ

総合的に判断すると、eo光の通信速度は「速い」と断言できます。数々のツイートや口コミからもそれは疑いようのない事実であることがわかりました。

速度に問題はないかと思いますが、もし物足りなさを感じたら、チャネルの拡大や機器の再起動といったトラブルシューティングを試してみてください。