子供の初めて持たせるスマホならLINEモバイルの500円プランがおすすめ

「うちの子にもそろそろケータイを持たせようかな?」

「機能はしっかりしていてほしい。でも料金はできるだけ抑えたい

そのようにお考えの方の背中を押してくれるのが、LINEモバイル500円プランです。

なぜLINEモバイルの500円プランがいいのか、その理由と注意点を分かりやすくまとめました。お子さんのスマホデビューの参考になること間違いなしです!

キッズケータイとスマホどっちがいいの?

まず、子供にケータイを持たせようと思ったときに悩むのが、キッズケータイにするか、スマホにするか、ではないでしょうか。

キッズケータイはガラケータイプ・スマホタイプともに、子供が使いやすいようにデザイン・設計されています。

本体に防犯ブザーがついていたり、防水・抗菌機能がついていたりするもの。親のスマホに帰宅した際にお知らせがいくものなど、キッズケータイにしかないサービスも多いです。

しかし、できることに制限が多く、成長のスピードが速い子供たちには不満を感じる原因になることも。そのときに買い替えることもひとつの手ではありますが、初めからスマホを持たせておけば、買い替えずとも使用制限の度合いでいろいろな調整ができます。

また親も同じキャリアでないと使用に制限があったり、料金が高額になったりすることもあります。しかし、これらの問題は格安SIMのスマホを持たせることで解決できるのです。

LINEモバイルの500円プランとは?

子供にスマホを持たせるときにおすすめしたいのが、「LINEモバイルの500円プラン」です。

このプランは、月額500円のデータ専用SIMで、1GBのデータ量が使えます。しかしなんとLINE使用による高速データ通信量がフリー

どれだけLINEでやりとりしても、タイムラインを更新しても、LINEで電話しても、データ使用量はゼロ! 家族との連絡はLINEで十分です。もし1GB使い切った後の低速通信の状態でも、LINE使用に関しては高速通信が可能なので安心ですね。

しかしデータ専用のSIMなので、電話番号でメールが送れるSMS機能や、電話番号での音声通話はできないのでご注意ください。

子供のスマホにLINEモバイルの500円プランがおすすめの4つの理由

ではさらにLINEモバイルの500円プランが、子供のスマホにおすすめの理由を紹介します。

データ量が1GBで料金が安い

なんといっても料金が500円と安いことが魅力的。大人ほど使用頻度も用途も少ないのに、毎月何千円も支払いがあると大変です。またLINEの使用はデータフリー、データ量は1GBあるため、動画などの視聴を制限しておけば普段使いには問題ないデータ量です。

子供たちに人気のYouTube。家にWi-Fi環境があれば親のスマホを渡さなくても、子供のスマホでWi-Fiを使い視聴させられます。

無料のフィルタリングがつけられる

LINEモバイルでは、「i-フィルター」という優秀なフィルタリングを無料でつけることができます。ちなみにこのフィルタリング機能、3大キャリアなどでは有料のことが多いです。

ウェブサイトのフィルタリングやネットの利用状況、位置情報の確認、スマホの利用時間を設定して制限するなど様々なことが行えます。アプリをダウンロードしようとするときに、親の許可が必要にするような設定にもできます。これらの機能の強度は、子供の成長に合わせて話し合いながら決めていくとよいでしょう。

契約者・利用者連携で管理ができる

LINEモバイルでは、契約者と利用者を分けて登録することができます。契約者・利用者連携とは、LINEのアカウントとLINEモバイルの契約を紐づけることです。

契約者を親、利用者を子供でそれぞれのスマホで登録しておけば、お金に関することは契約者である親しか触れることができなくなります。また利用者である子供は、データ量の確認やデータ量のプレゼントができます。

これらの連携は、親が別の会社(LINEモバイルでなくても)でもOKです。

SIMフリー端末ならおさがりでOK

子供にスマホを持たせるうえで心配なのが、壊してしまう or なくしてしまうことだと思います。

もし新品で壊れることが心配なら、機種変更したときのおさがりのスマホにSIMカードを入れて渡しましょう。

ドコモやソフトバンクの一部機種、SIMフリーの機種ならそのままSIMカードを入れるだけで使用可能に。それ以外でも多くの場合「SIMロック解除」をすることで、使えるようになります。これなら機種代もかからないので、さらにお得です。

LINEモバイルの500円プランの注意点

これだけのメリットがあるLINEモバイルの500円プランですが、1つ注意点があります。これを理解した上で契約してください。

それは緊急連絡(110119など)ができないことです。

500円プランはデータ専用SIMのため、電話番号がありません。そのため、緊急連絡だとしても電話をかけることができないのです。

子供自身が緊急連絡でうまく説明をすることが難しいので、親に連絡することの方が多いようです。しかしこの点が不安な方は、月額1,200円の音声通話つきSIMを契約されることをおすすめします。

まとめ

LINEモバイルには、子供の初めてのスマホにピッタリな価格やサービスがあります。注意すべき点もありますが、親子でルールを設けていれば、とても便利に使っていけるはずです。