ソフトバンク光の光BBユニットにはどんなメリットがある?

ソフトバンク光では、通常のサービスに加えてさまざまなオプションサービスが用意されています。オプションはあまり興味ないという方が結構いるかと思いますが、内容をよく確認してみると意外にも自分に最適なサービスである場合もあります。

今回紹介するソフトバンク光の「光BBユニット」、こちらのオプションに加入するとどのようなメリットがあるのかを中心に光BBユニットについて解説していきます。

光BBユニットとは?

まず、光BBユニットの超基本を説明します。これはインターネット回線をパソコンやスマホなどに接続するための中継の役割を果たす機器・ルーターの1種です。

ソフトバンク光では、オプションサービスとして光BBユニットをレンタルできます。

ルーターならば家電量販店でも買えるから必要ないのでは? と思われるかもしれません。しかし、光BBユニットならではのサービスがありますので、まずはそれを紹介しておきます。

Wi-Fiマルチパックでネット接続可能

ソフトバンク光には「Wi-Fiマルチパック」というオプションサービスがあります。これは複数の端末で同時にインターネット接続を無線(Wi-Fi)でできるというもので、ソフトバンク光の回線でパソコンだけではなく、スマホやタブレット、ゲーム機などを利用する場合におすすめです。

なお、Wi-Fiマルチパックを利用するためには光BBユニットもレンタルしなくてはなりません。光BBユニットは無線LANにも対応しているので、このようなオプションを利用するためには必須となります。

BBフォンでつながる

光BBユニットは、インターネットサービスだけではなく、BBフォンという固定電話サービスでも使うことができます。光BBユニットを使ったBBフォンサービスでは、BBフォン同士の通話料金が無料になりますし、ソフトバンク携帯との通話もおトクな料金で行うことができます。

ひかり電話でつながる

BBフォンだけではなく、ひかり電話も利用可能です。こちらも基本料金や通話料がお得になるサービスで、BBフォンとの併用も可能になっています。

このように光BBユニットとは、ソフトバンク光でおトクなオプションサービスを利用するために必要となる機器なのです。

光BBユニットの料金は?

光BBユニットを利用する場合、レンタル(467円/月)という形式をとります。料金だけでは高い安いの判断がしにくいと思いますので、光BBユニットのメリットやデメリットも合わせてみていきましょう。

光BBユニットのメリットやデメリット

光BBユニットのメリット

メリットはなんといってもソフトバンク光の回線を使って複数の端末に無線接続できるという点にあります。

家の中でパソコンしか使わないという場合は、あまりメリットは感じられないかもしれませんが、最近ではパソコンだけではなく、スマホやタブレット、ゲーム機、スマート家電など家中のものをネットに接続して便利に使うことができます。

そんな中でこれらの端末の接続元をソフトバンク光で統一できるのは非常におトクになります。

また、光BBユニットを利用しているとソフトバンク光が提供している高速通信回線「IPv6 IPoE+IPv4」を優先的に接続することが可能です。ストレスなくインターネットを利用したい人にもおすすめです。

ほかには電話の通話料を節約できること。電話をかける機会が多いほど、おトク度は高くなります。

光BBユニットのデメリット

一方でデメリットとしては、これらのサービスはオプションに加入しなければ利用できず、月額料金が上がってしまうこと。

光BBユニットのレンタル料金は月467円、Wi-Fiマルチパックは月990円です。合計すると毎月1,457円かかってしまいます。複数の端末でネット接続できるというメリットに年間20,000円近く支払うのは、コスパで考えると疑問

しかも、光BBユニットでなくても、市販のルーターを使った同様のことはできてしまいます。市販のルーターを家電量販店などで購入して、ソフトバンク光に接続すれば、複数の端末での無線接続が可能になります。

まとめ

光BBユニットは、ソフトバンク光のオプションサービスの1つで、複数の端末で無線接続ができるルーターのことを指します。オプション料金を支払うことで利用できますが、市販されているルーターを購入することで同様の機能を利用することもできます。

しかし、電話をよくかけるという場合、格安の通話料を実現できるというメリットがあります。この場合は月額基本料金が高くなってしまったとしても、トータルではおトクということが十分に考えられます。

よって、ネット接続と通話、これらのバランスをいま一度確認した上で光BBユニットの導入を検討するのがベストです。